ヨシムラからZRX1100/ZZ-R1100/ZX-10用カムシャフトが再登場

掲載日:2016年12月28日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

リリース = ヨシムラジャパン



ZRX1100/ZZ-R1100/ZX-10用カムシャフトが削り出し製法により再び登場。新材料を採用し、高精度・高耐久性を追求して製作された。

ZRX1100、ZZ-R1100、ZX-10カムシャフトSET


以下リリースより
2016年12月26日


ZRX1100/ZZ-R1100/ZX-10 ST-1MカムシャフトSET

販売終了となって以来、皆様より多くの再販のご要望をいただいておりましたZRX1100/ZZ-R1100/ZX-10用カムシャフトが、この度削り出し製法により再登場しました。今回登場した商品には、カムシャフトを製作するのに最適な材料を採用する為、ヨシムラジャパンで品質コントロールし作った素材(ダクタイル鋳鉄の一種)を使用。さらに、その素材に最適なレーザー焼入れを施しました。新材料とレーザー焼入れにより、高硬度で歪みが小さく潤滑性の高い「高精度・高耐久性」を追求し作られたカムシャフトをぜひご体感ください。

【ヨシムラカムシャフトとは】
・独自のカムプロファイル設定
ヨシムラのカムシャフトは、独自のノウハウによるカムプロファイルの設計を行っています。プロファイルの設計は、まずスタンダードのエンジンの諸元を知ることから始まります。使用するエンジン回転数および特性を想定し、それを基にヨシムラカムシャフトのプロファイルの特性を決定します。次に決定したプロファイル特性を数値に表現します。形から数値へ……ヨシムラの長年のノウハウが独自のプロファイルを導き出すのです。こうして出来上がったプロファイルを持ったカムシャフトを試作してエンジンに組み込み、実際に思った通りの特性が出ているかをチェックします。もし想定した特性が出ていなければまた最初から設計のやり直し。この一連の作業のくり返しの末に、ヨシムラ独自のカムプロファイルが導き出されるのです。

・一貫した生産管理
ヨシムラはセンタリングを含めた一貫した生産の管理を行っています。プロファイルを再現するカムシャフトの素材にも気を配り、社内で一から削り出しています。製品に熱を加える事はカムシャフトそのものの歪み・変形および強度を損なうものと考えカム山の肉盛整形などは行いません。そしてカムをエンジンに適した硬度にする為、様々な方法の中から最適な熱処理を選択し、施します。独自のカムプロファイル設計+生産の一貫した管理。これこそがヨシムラのカムシャフトへのこだわりなのです。

■商品名/ZRX1100、ZZ-R1100、ZX-10カムシャフトSET
■タイプ/ST-1M
■PARTS NO./211-295-2100
■価格(税抜き)/138,000円
■適応車種/ZZ-R1100(C1~C4、D1~D6)、ZRX1100/ZX-10/ZX-11

[ お問い合わせ ]
ヨシムラジャパン営業窓口
TEL/046-286-0321

商品ページ

過去の関連ニュース

SP忠男がZRX1200ダエグ用ヒートガードを発売

SP忠男がZRX1200ダエグ用ヒートガードを発売

2015年9月10日 バイクパーツ

あらゆる事柄をライダーにリサーチ

よく読まれているニュース

バイクパーツの新着ニュース

ニュースのカテゴリ一覧