【ヤマハ】日本でも2019年春以降に発売予定!「YZF-R25」「YZF-R3」2019年モデルを発表

掲載日: 2018年10月15日(月) 更新日: 2018年10月15日(月)

ヤマハが2019年モデルとして、「YZF-R25」「YZF-R25 ABS」を2018年10月からインドネシアで、「YZF-R3」「YZF-R3 ABS」を2018年12月からアメリカで発売する。

フラッグシップモデル「YZF-R1」との関連性を高めた2019年モデルは、エアロダイナミクスを追求した外観へと刷新。また、旋回時などの良好な接地感に寄与する倒立式フロントサスペンションに加え、視認性の高いフルデジタルメーターなどを採用している。

価格は「YZF-R25」が5860万ルピア(約43万円)、「YZF-R25 ABS」が6460万ルピア(約47万円)、「YZF-R3」が4999米ドル(約56万円)、「YZF-R3 ABS」が5299米ドル(約59万円)だ。また、「YZF-R3 ABS」「YZF-R25」「YZF-R25 ABS」については、2019年春以降に日本での発売が予定されている。

「YZF-R3」「YZF-R25」2019年モデルを発売

スタイル・走行性能に磨きをかけたグローバルモデル

ヤマハ発動機株式会社は、世界各国で人気のロードスポーツ「YZF-R3」「YZF-R25」の2019年モデルについて、スタイルと走行性能に磨きをかけ、2018年10月より「YZF-R25」をインドネシアで、同年12月より「YZF-R3」を米国で発売します。なお、両モデルのABS搭載仕様も同国で発売します。 また、「YZF-R3 ABS」「YZF-R25」「YZF-R25 ABS」は、来春以降に日本での発売を予定しています。

2019年モデルは、当社のフラッグシップモデル「YZF-R1」とのリレーションを高めたスタイリングへ刷新することでプレゼンスを高めました。また新しいフィーチャーを織り込み、走行性能をより高めました。 主な特徴は、1)エアロダイナミクスを追求した新外観、2)旋回時などの良好な接地感に寄与する倒立式フロントサスペンション、3)視認性の高いフルデジタルメーターなどです。

「YZF-R25」は2014年の発売以降、レースイメージやパフォーマンスがユーザーに支持されています。特にインドネシアでは、当社のスポーツイメージを牽引するモデルであり、若いお客様を中心に憧れの対象となっています。 なお、製造はグループ会社 YIMM(PT. Yamaha Indonesia Motor Manufacturing)が行います。

YZF-R25】

■発売日/2018年10月
■メーカー希望小売価格/5860万ルピア(ジャカルタ店頭小売価格)
■販売計画/5000台(発売から1年間、インドネシア国内)

YZF-R25 ABS】

■名称/YZF-R25 ABS
■発売日/2018年11月
■メーカー希望小売価格/6460万ルピア(ジャカルタ店頭小売価格)
■販売計画/5000台(発売から1年間、インドネシア国内)

 

YZF-R25(ディープパープリッシュブルーメタリック)

YZF-R3】

■発売日/2018年12月
■メーカー希望小売価格/4999ドル
■販売計画/4500台(発売から1年間、米国内)

 

YZF-R3(ディープパープリッシュブルーメタリック)

 

YZF-R3 ABS】

■発売日/2018年12月
■メーカー希望小売価格/5299ドル
■販売計画/4500台(発売から1年間、米国内)

YZF-R3 ABS(ホワイトメタリック)

YZF-R3 ABS(マットブラック)

 

 

[ お問い合わせ ]
カスタマーコミュニケーションセンター
TEL/0120-090-819

>>YZF-R25のカタログページはこちら
>>YZF-R3のカタログページはこちら

リリース = ヤマハ発動機株式会社

(バイクブロス・マガジンズ編集部)

この記事を読んでいる方におすすめの商品

このページの一番上へ

サイトのトップページへ

このページの一番下へ

LINEで見る&読むBikeBros.最新モデル紹介から、バイクイベントやツーリングでのお役立ち情報
さらに、通販サイトのお得なキャンペーンまで配信中です。