【ヤマハ】アイドリングストップ・システム搭載!原付1種スクーター『Vino』が5/25発売

掲載日: 2018年03月15日(木) 更新日: 2018年03月15日(木)

カモフラージュグリーン(グリーン)

ヤマハは、2018年モデルとして原付一種スクーター「Vino」にアイドリングストップ・システムを採用するなどモデルチェンジを施し、2018年5月25日(金)に発売する。カラーは、マットアルタイルシルバーメタリック(マットシルバー)、ハーベストベージュ(ベージュ)、バイブラントオレンジ(オレンジ)、カモフラージュグリーン(グリーン)、グラファイトブラック(ブラック)、パールアンブラウン(ブラウン)の6色展開。価格は19万9800円(税8%込み)。

原付一種スクーター「Vino」をモデルチェンジ

新たに“アイドリングストップ・システム”を採用し商品性を向上

ヤマハ発動機株式会社は、レトロポップなスタイルで人気の原付一種スクーター「Vino」のモデルチェンジを行い、5月25日より発売します。今回発売の「Vino」は、新たに“アイドリングストップ・システム”や“コンビブレーキ”を採用し商品性を向上させながら、より大人でモダンな印象を感じるデザインに進化しました。

主な特徴は、1)信号待ちなどの停車時の燃料消費や騒音、排出ガス低減に貢献する“アイドリングストップ・システム”の搭載、2)後輪ブレーキレバーを握ると前輪にもほどよく制動力を配分し、ブレーキングをサポートする“コンビブレーキ”の搭載、3)燃費/環境性能に優れながら、力強い走りを実現する水冷4ストローク49cm3フューエルインジェクション搭載エンジン、4)容量約20Lのシート下トランクやフロントインナーボックス、グローブボックスなど充実した収納スペース、5)時計機能付スピードメーター、充電などに便利なアクセサリーソケットの装備など日常使いでの利便性の向上、6)楕円をモチーフとし伸びやかに進化したフォルムと、細部にまでこだわったカラーリング などです。製造は、本田技研工業株式会社が行います。

■名称/「Vino」
■発売日/2018年5月25日
■メーカー希望小売価格(税込み)/199,800円
■カラー/マットアルタイルシルバーメタリック(マットシルバー)、ハーベストベージュ(ベージュ)、バイブラントオレンジ(オレンジ)、カモフラージュグリーン(グリーン)、グラファイトブラック(ブラック)、パールアンブラウン(ブラウン)

【カモフラージュグリーン(グリーン)】

【バイブラントオレンジ(オレンジ)】

【マットアルタイルシルバーメタリック(マットシルバー)】

【ハーベストベージュ(ベージュ)】

【パールアンブラウン(ブラウン)】

【グラファイトブラック(ブラック)】

 

[ お問い合わせ ]
カスタマーコミュニケーションセンター
TEL/0120-090-819

リリース = ヤマハ発動機株式会社

>>ビーノのカタログページはコチラ

(バイクブロス・マガジンズ編集部)

この記事を読んでいる方におすすめの商品

このページの一番上へ

サイトのトップページへ

このページの一番下へ