バイク・オートバイ・モーターサイクル、原付&二輪車のあらゆる情報を発信するニュースサイトです。 | バイクニュース

このページの一番上へ

サイトのトップページへ

このページの一番下へ

イベント情報

ブランドボイス

編集部コラム

バイクブロス通販ブログ

まさかの400ccスクーターや新型F750/850GS登場!【EICMA2017/BMWモトラッドブース速報】

掲載日: 2017年11月09日(木) 更新日: 2017年11月09日(木)

写真/バイクブロス・マガジンズ編集部

2017年11月6日からイタリア・ミラノでスタートしたEICMA2017(ミラノショー)。BMWモトラッドは、EICMAの会場で新機種4台を発表すると事前にアナウンスしていた。カンファレンスではBMWモトラッドのボス、ステファン・シャラー氏が登壇。K1600シリーズの新型ツアラー「K1600 Grand America」をはじめ、以前から登場が噂されていたFシリーズの新型がF750GS/F850GSとして発表された。そして、カンファレンスの最後には、新型マキシスクーター、C400Xがローンチされ会場は大いに沸き立った。今回発表により、BMWモトラッドのモデルレンジはさらなる広がりを持つこととなる。


まずはじめにアンベールされたK1600 Grand America。


続いてかねてから噂が絶えなかった新型FシリーズがF750GS&F850GSとしてついにお披露目に!


そして最後までステージ中央に残されていたモデルもアンベール。


500cc以下のマキシスクーターセグメントに殴り込みをかけるニューモデル、C400Xが誕生した。


K1600Bベースでトップケースやタンデム装備を充実させたのがGrand America(グランド・アメリカ)だ。


トップケースのデザインも見事。


新開発の並列2気筒エンジンを搭載したF850GS。こちらはオプション装着車だ。


新型のエンジンはチェーンが左側にレイアウトされる。


メーターはフル液晶で、撮影車はキーレス仕様だった。


こちらはF750GSのノーマル車。


オプションのガードや補助ライトでオフっぽい見た目にもなるC400X。


エンジンや駆動系ももちろん新開発。


メーターもフル液晶で完全に新時代のスクーターといった雰囲気。


大盛況だったモトラッドブース。各車の詳細解説はVirginBMWで紹介する予定だ。

(バイクブロス・マガジンズ編集部)

Twitterで@BikeBrosMagazinをフォローしよう!

みんなと話題を共有しよう