バイク・オートバイ・モーターサイクル、原付&二輪車のあらゆる情報を発信するニュースサイトです。 | バイクニュース

このページの一番上へ

サイトのトップページへ

このページの一番下へ

車両情報

イベント情報

ブランドボイス

バイクブロス通販ブログ

編集部コラム

【ヤマハ】ホンダとさいたま市との3者事業としてEVバイクの実証実験を開始

掲載日: 2017年07月21日(金) 更新日: 2017年07月21日(金)

リリース = ヤマハ発動機株式会社

ヤマハとホンダ、そして埼玉県さいたま市が共同で取り組んでいる電気自動車普及施策「E-KIZUNA Project」。その取り組みのひとつとして、さいたま新都心駅東口に、EVバイクのレンタルとバッテリー交換サービスを受けられるスポットを設置することを発表した。利用者の募集は、2017年7月21日(金)から、さいたま市のホームページで募集しており、サービス開始は同年9月を予定している。

今後もヤマハは、さいたま市とホンダと共に二酸化炭素の排出が少ない街づくりを目指し、EVバイクのシェアリング実験といった取り組みを検討していく。

 

さいたま市・本田技研工業・ヤマハ発動機による

原付一種クラス電動二輪車(EV バイク)の
実証実験開始について

さいたま市、本田技研工業株式会社(以下Honda)、ヤマハ発動機株式会社(以下ヤマハ)の3者は、さいたま市の電気自動車普及施策「E-KIZUNA Project」の一環として、電動二輪車(以下EVバイク)の普及拡大と交通空白地域の解消に向けた実証実験を開始します。このたびの実証実験は、電動車両を安心して快適に使える低炭素社会を目指す地方自治体とEVバイクの普及を目指す二輪メーカー2社で行う取り組みとしては初の試みであり、CO2 削減とEV バイクの普及に向けた重要な一歩となります。

[実証実験について]
このたびの実証実験は、Honda・ヤマハの電動化技術とさいたま市の既存インフラを活用し、低炭素社会の実現と、交通空白地域における交通利便性向上の効果検証を行うものです。

■実施内容/さいたま新都心駅東口自転車等駐車場における一般ユーザー向け原付一種クラス
EVバイクのレンタルとバッテリー交換サービス

■レンタル車両/ヤマハ E-Vino(イービーノ)30台
開始時期/2017年9月
利用者募集/2017年7月21日から、さいたま市のホームページにて募集

将来的には、この実証実験のほか、EVバイクのシェアリングの実証実験も検討します。この実証実験を通じ、さいたま市はこれまで普及拡大を進めてきた電動四輪車のみならず、EVバイクの活用も図ることにより、多様な電動モビリティを安心して快適に使える低炭素社会の実現を目指します。Honda・ヤマハは、より環境に優しいEVバイクの普及によりお客さまが移動する喜びを感じ、より豊かな生活になることと、二輪市場のさらなる活性化に向けて取り組んでいきます。

※原付一種クラス:第一種原動機付自転車。道路運送車両法で定める、総排気量50cc 以下のエンジン、または定格出力0.60kW 以下の電動モーターを搭載する二輪以上の乗りもの。

[ お問い合わせ ]
カスタマーコミュニケーションセンター
TEL/0120-090-819

(バイクブロス・マガジンズ編集部)

Twitterで@BikeBrosMagazinをフォローしよう!

みんなと話題を共有しよう

この記事を読んでいる方におすすめの商品