【ヤマハ】軽量ボディに250cc新エンジンを搭載した「FZ25」をインドで発売

掲載日:2017年01月25日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

リリース =ヤマハ発動機販売



ヤマハは、新型ストリートモデル「FZ25」を2017年2月にインド市場で発売する。燃費・環境性能の両立を掲げ、「BLUE CORE」の250cc新エンジンを搭載したストリートモデルとなっている。車両重量は148kgと軽量化され、LEDヘッドライトおよびLCDメーターが装備されている。カラーは3色から選べる。



FZ25


以下リリースより
2017年1月25日


インドで拡大の兆しを見せる高価格帯への新型ストリートモデル
上級志向の強いお客様ニーズに応える「FZ25」を発売


ヤマハ発動機株式会社は、走りの楽しさと燃費・環境性能の両立を具現化する「BLUE CORE」の250cc新エンジンを搭載したストリートモデルの新製品「FZ25」を2017年2月からインド市場で発売します。



「FZ25」の主な特徴は、1)街中での実用領域で優れた走行性能を実現するトルクフルなFI(※1)搭載単気筒エンジン、2)意のままに操る喜びを体現する148kg軽量ボディ、3)先進性をアピールするLEDヘッドライトおよびLCDメーターなどです。デザインは、アスリートの逞しい筋肉のイメージにマスフォワード感やダウンフォース感を重ねたスタイルとしました。製造・販売はグループ会社 IYM(India Yamaha Motor Pvt. Ltd.)が行います。

■名称/「FZ25」
■発売日/2017年2月
■メーカー希望小売価格/119,500 インド・ルピー(デリー店頭小売価格)
■販売計画/4万台(発売から1年間、インド国内)



インドの二輪車市場は年間1,800万台(※2)と世界最大規模で、そのうちの6割が100cc~150ccのモーターサイクルです。当社が2008年に導入した「FZ」(150cc)や2014年導入の「FZ‐FI」(150cc)などのFZシリーズは、インド市場では比較的高価格カテゴリーの製品ですが、若いお客様の支持を得て、発売以来の累計販売が130万台を超える人気モデルとなっています。近年は所得水準の向上に伴い、インド二輪車市場では高価格帯が拡大傾向です。こうした背景を踏まえ、当社はこの「FZ25」の導入によりFZシリーズのラインアップを充実させ、ハイエンドカテゴリーでさらなる販売拡大を目指します。

※1 FI(Fuel Injection):電子式燃料噴射装置
※2 2016年/当社推定

[ お問い合わせ ]
ヤマハ発動機
お客様相談室
TEL/0120-090-819

過去の関連ニュース

あらゆる事柄をライダーにリサーチ

よく読まれているニュース

車両情報の新着ニュース

バイク車両情報メニュー

ニュースのカテゴリ一覧