バイク・オートバイ・モーターサイクル、原付&二輪車のあらゆる情報を発信するニュースサイトです。 | バイクニュース

このページの一番上へ

サイトのトップページへ

このページの一番下へ

イベント情報

ブランドボイス

編集部コラム

バイクブロス通販ブログ

【ヤマハ】ニューモデル「XMAX 300」を2017年3月に欧州で発売

掲載日: 2016年10月19日(水) 更新日: 2016年10月19日(水)

リリース = ヤマハ発動機株式会社

ヤマハは、新エンジンを採用した軽量スクーター「XMAX 300」を2017年3月から欧州で販売を開始する。新設計の水冷・BLUE COREエンジンを搭載、179kgの軽量ボディで高い加速性能を誇る。またモーターサイクル型フロントフォーク採用やトラクションコントールシステム装備と、スポーティかつ快適な運転をサポートしながらもシート下にヘルメットを2個収納できるなど高い積載性も兼ね備えている。

XMAX300

XMAX 300(欧州向け)

以下リリースより
2016年10月19日

新エンジン、モーターサイクル型フロントフォーク採用の軽量スクーター 
2017年欧州向け新製品「XMAX 300」を発売

XMAX300

ヤマハ発動機株式会社は、走る楽しさと実用機能を新ボディに調和させたスクーターの新製品「XMAX 300」を2017年3月より欧州で発売します。欧州では現行「XMAX 250」のモデルチェンジとなります。製造はインドネシアのグループ会社YIMM(PT.Yamaha Indonesia Motor Manufacturing)が行い、グローバルモデルとして、欧州のみならず世界各国への展開を予定しています。

欧州の126~300ccスクーター市場は欧州全体で約9万台の需要があり(2015 年ヤマハ調べ)、通勤用途を主体に安定推移が見込まれています。「XMAX 250」は、長年にわたりスタイリングと走りの良さが評価され、欧州で根強い人気を得ていますが、近年、排気量に余裕ある300ccへの注目度が高まるなか、新たに開発したのが今回の「XMAX 300」です。「XMAX 300」は、”MAXimize, commuting FUNction”のコンセプトのもと、走る楽しさと実用機能を調和させ、グローバル展開を担える製品として設計しました。

XMAX300

主な特徴は、1) クラス最高レベルの加速性能、優れた環境性能を狙い開発した新設計水冷・BLUE CORE エンジン、2) スポーティな走りを支える179kg軽量ボディとモーターサイクル型フロントフォーク、3) 快適な運転を支援するABS、TCS(トラクションコントロールシステム)、4) ヘルメット2個収納できるシート下トランク、5) キーを取り出すことなく、メインスイッチ操作が行えるスマートキー、6) MAXシリーズのDNAを継承しつつXMAXとしての進化を加えた新デザイン、などです。デザインは、MAXシリーズの特徴である“ブーメラン”モチーフや2眼ヘッドライトを進化させつつ、”X”をモチーフにしたフェイス&テールを採用、細部の仕上げや質感にこだわりました。

XMAX300

■名称/XMAX300
■発売日/2017年3月
■参考小売価格/5,499ユーロ(欧州参考小売価格)
※ 欧州参考小売価格:当社が算出した参考価格であり、欧州各国の税率の違いなどにより、実際の小売価格とは異なります。

XMAX300
XMAX300
XMAX300
XMAX300
XMAX300
XMAX300
XMAX300
XMAX300

(バイクブロス・マガジンズ編集部)

Twitterで@BikeBrosMagazinをフォローしよう!

みんなと話題を共有しよう