【リコール】 トライアンフ タイガー800/XC

掲載日: 2011年09月20日(火) 更新日: 2013年12月11日(水)
この記事は 2011年9月20日に書かれたもので、内容が古い可能性があります。

リリース = トライアンフジャパン株式会社

トライアンフジャパンは、タイガー800/XCを対象としたリコールを発表した。

以下リリースより

リコール情報 外-1779
タイガー800/XC
インジェクションプログラム

トライアンフジャパン株式会社は、次の内容をセーフティーリコールとして国土交通省へリコール届出をいたしました。
リコール届出番号外-1779

燃料供給装置のインジェクションプログラムが不適切なため、減速時に、急激にエンジン回転数が下がることや、エンストすることがあり、それに伴う急激なエンジンブレーキや予期せぬエンストが発生することにより、最悪の場合、バランスを失い転倒するおそれがあります。

トライアンフにとってライダーの安全が最も重要と考え、今般のリコールを発表いたしました。対象のモーターサイクルにはトライアンフ正規販売店にて対策されたインジェクションプログラムの書き換えをさせていただきます。作業時間は約5分間です。

トライアンフは全てのリコール対象のお客様へこのお知らせと最寄りのトライアンフ正規販売店に連絡していただくためのダイレクトメールを発信いたします。

リコール対象車両のお客様へはご迷惑をお掛けいたしまして誠に申し訳ございませんが、ご不明な点はトライアンフ正規販売店へお問い合わせいただきますようお願い申し上げます。


リコール情報 外ー1780
タイガー800/XC
センタースタンドの固定用スプリング

トライアンフジャパン株式会社は、次の内容をセーフティーリコールとして国土交通省へリコール届出をいたしました。
リコール届出番号外-1780

用品設定しているセンタースタンドの固定用スプリングの設計が不適切なため、使用過程において伸びてしまい、元の長さに戻らず、センタースタンドを跳ね上げた状態に固定できなくなる場合があります。

そのため、そのままの状態で使用を続けると、走行中の振動によってセンタースタンドが降下して地面に接触し、バランスを失い転倒するおそれがあります。トライアンフにとってライダーの安全が最も重要と考え、今般のリコールを発表いたしました。

対象のモーターサイクルにはトライアンフ正規販売店にて固定用スプリングを対策品に交換させていただきます。作業時間は約10分間です。

トライアンフは全てのリコール対象のお客様へこのお知らせと最寄りのトライアンフ正規販売店に連絡してい ただくためのダイレクトメールを発信いたします。

リコール対象車両のお客様へはご迷惑をお掛けいたしまして誠に申し訳ございませんが、ご不明な点はトライアンフ正規販売店へお問い合わせいただきますようお願い申し上げます。


[ お問い合わせ ]

トライアンフコール
TEL/03-5330-7447(正規販売店のご案内)

(バイクブロス・マガジンズ編集部)

このページの一番上へ

サイトのトップページへ

このページの一番下へ