SHOEIが「ヨコハマ ホットロッド・カスタムショー2018」に出展

掲載日: 2018年11月30日(金) 更新日: 2018年11月30日(金)

2018年12月2日(日)に横浜市のパシフィコ横浜で開催される「第27回ヨコハマ ホットロッド・カスタムショー2018」。ムーンアイズが主催するこのイベントは二輪・四輪のインドアカスタムショーとしては日本最大規模で、昨年は1万7000人を超える来場者を集めたほど。かねてから世界的なメディアの注目を集めていることもあり、近年は二輪メーカーこぞって出展するなど、その影響力を高めているカスタムショーなのだ。

そして今年、ヘルメットブランドのSHOEIも初めてホットロッドカスタムショーにオフィシャルブースを出展し、新型のフルフェイスヘルメット「EX-ZERO(イーエックス・ゼロ)」などを展示することとなった。


<写真>先日開催されたEICMA2018(ミラノショー)でのSHOEIブース。「EX-ZERO」はSHOEIがかつて販売していたオフロードヘルメット「EXシリーズ」にインスパイアされたモデルとして今年発売された。

SHOEIは今回のブース出展にあたって、国内のトップビルダー&ペインターたちが立ち上げたフラットトラック(ダートトラック)の新たなカテゴリ「HAVE FUN(ハブ・ファン)」とコラボレート。この「HAVE FUN」とは、小排気量の単気筒エンジンをオリジナルフレームに搭載するというもので、今回のショーでは国内のビルダーたちが製作した個性的なレーサーが複数展示されるほか、それらのマシンに合わせてオリジナルペイントを施した「EX-ZERO」も展示されるという。


<写真>クラシカルなデザインに最新のテクノロジーを盛り込んだ「EX-ZERO」は、先に発売された「J.O」とともにヘリテイジカテゴリの本場欧州では大人気のモデル。今年のホットロッドショーでは、日本のビルダー&ペインターたちがどんなオリジナルペイントを披露するのか期待したいところだ。

 

▪️第27回ヨコハマ ホットロッド・カスタムショー2018 開催概要
開催日時/2018年12月2日(日)8:00〜17:00
開催地/パシフィコ横浜展示ホール
※注意:周辺地域への配慮のため、バイクでの来場は不可。現地へは公共交通機関にて。
最寄駅/みなとみらい線みなとみらい駅
入場料/当日券:3900円 前売り券:(3400円) ※いずれも12歳以下無料
主催/ムーンアイズ

近年はハーレー以外でも国産車、英車の出展も増えているホットロッド・カスタムショー。世界屈指のスキルを持つ日本のカスタムビルダーたちの競演にも注目だ。

 

情報元=SHOEI
Text&Photo/RyoTsuchiyama

(バイクブロス・マガジンズ編集部)

このページの一番上へ

サイトのトップページへ

このページの一番下へ