【ハーレー】米国での価格は$29,799から! ハーレー初の電動モーターサイクル「LiveWire」が米国で予約受付開始

掲載日: 2019年01月08日(火) 更新日: 2019年01月16日(水)

2019年1月8日より、ハーレーダビッドソン初の電動モーターサイクル「LiveWire(ライブワイヤー)」の予約受付が、ついに米国でスタート。さらに8日よりラスベガスで行われる世界最大級の家電見本市「CES 2019」でライブワイヤーがお披露目される。

今回、ライブワイヤーに関するスペックも新たに公開されたので、ここで紹介しよう。まずは電動バイクならではの驚異的な加速力で3.5秒以内に0発進から時速60マイルまで加速。H-Dコネクトサービスでバッテリー状態の確認や、充電ステーションの検索、さらに車両の追跡機能なども備えている。

フル充電での走行可能距離は、推定110マイルとのことなので、180km弱といったところであろう。気になる価格は米国で29,799USドル~となっている。なお日本への導入時期、および価格は未定となっているが、ワイブワイヤーの29,799USドルという米国での価格はツーリングファミリーのウルトラリミテッドに近いことから、日本では380万円前後の価格になることが予測される。

ハーレーダビッドソン、CESに電動モーターサイクル『LiveWire(TM)』を出展、米国で予約受付開始し価格は$29,799~ スペック詳細も追加発表 さらにLiveWire(TM)につづく2つの軽量電動モーターサイクルのコンセプトモデルも初公開

ハーレーダビッドソン〈HARLEY-DAVIDSON(R)〉は、8日にラスベガスで開幕する世界最大級の家電見本市CES 2019(※1)に初出展し、今秋に全米発売する(※2)ハーレーダビッドソン初の電動モーターサイクル『LiveWire(TM)』を公開、米国での予約受付も開始します。また同ショーで2つの軽量電動モーターサイクルのコンセプトモデルを初公開します。

CESで公開の『LiveWire(TM)』。全米での希望小売価格は29,799USドル~で予約受付開始(※2)スペック全貌も明らかに(下記)。

■CES 2019出展に際してHARLEY-DAVIDSON(R)が公開した『LiveWire(TM)』のスペック詳細(※3)

驚異的な加速:3.5秒以内に0から時速60マイルまで加速します。H-D Revelation(TM)電動パワートレインによって提供される瞬間トルクは、スロットルを開けた瞬間にその定格トルクの100パーセントを生み出すことが可能です。

ツイスト&ゴーの使いやすさ:電力はクラッチやギアシフトを必要とせず、ライダーの操作は大幅に簡素化されます。パワー回生モードのブレーキ効果によりストップ&ゴーのつづく都市交通向けに最適化しています。

H-D(TM)コネクトサービス:LiveWire(TM)は最新バージョンのHarley-Davidson(TM)アプリを使用したクラウドサービスと組み合わせたLTE対応ユニットを通じ、ライダーとモーターサイクルとをペアリングするH-D(TM)Connectによって次のコネクトサービスを提供します。

(1)モーターサイクルの状態を随時確認:H-D(TM)Connectを通じ、バッテリ充電状態および利用可能な範囲を確認でき、ライダーは充電レベルや完了までの時間などの充電状況をリモートで確認できます。またアプリに内蔵する統合ロケーションファインダーによって簡単に充電ステーションを見つけることが可能となります。

(2)警告機能と追跡情報:H-D(TM)Connectは、駐車中のLiveWire(TM)バイクの位置を示し、車両がいたずらされたり移動したりした場合に警告をライダーのスマートフォンに送信します。GPS対応の盗難車追跡によってオーナーへの安心感を提供します。

(3)サービスリマインダーと通知:車両のケアについて通知リマインダーは、H-Dアプリを通じてライダーに提供します。

都市ライダーに最適化した性能と走行距離:1回の充電で推定110マイルの都市走行が可能です。曲がりくねったバックロードでもスリリングなライドを実現し、機敏なハンドリングが出来るよう設計されています。H-D Revelation(TM)電動パワートレインは、重心を下げるために低い位置にあり、停止時の制御も容易となりました。電子シャシーコントロールを標準装備し、コーナリングを強化したアンチロックブレーキシステムとトラクションコントロールも搭載します。システムは完全に電子制御となり、最新の慣性測定装置とABSセンサー技術も採用しています。

ハーレー特有の響きを最小限の振動で:LiveWire(TM)が搭載するH-D Revelation(TM)電動パワートレインは最小限の振動、熱、鼓動を発生することで、スピードを増すごとに新しいハーレーダビッドソン サウンドを生み出すように設計されています。

ハーレーダビッドソン〈HARLEY-DAVIDSON(R)〉は、CES 2019への出展に際し『LiveWire(TM)』と合わせ、電動モーターサイクルのコンセプトモデル2つを新たに公開します。Livewire(TM)量産と並行し、将来的にはこれら感動的なスタイリングとデザインに包まれた2つのコンセプトモデルが、ハーレーダビッドソンの物語の新たな電子化チャプターにつづくことを見込んでいます(※2)。

HARLEY-DAVIDSON(R)は2018年7月に発表したハーレーダビッドソンの中期経営計画「More Roads to Harley-Davidson」において、魅力的な新モーターサイクルの提供、ハーレーダビッドソンへのより広いアクセス、そしてディーラーネットワークを強化するというビジョンを提供しました。CES 2019で初公開するこの2つのコンセプトモデルは、このビジョンの延長上にある新発表であり、ライダーにインスピレーションを与え、今後数年間にわたる“モビリティの電化のリーダー”としてのハーレーダビッドソン像を確立することでしょう。

CESでHARLEY-DAVIDSON(R)が初公開する2つの軽量電動モーターサイクル(コンセプトモデル)

※1 2019年1月8~11日(米国時間)に開催するコンシューマー・エレクトロニクス・ショー(Consumer Electronics Show, CES)。全米民生技術協会(CTA)が主催し、ネバダ州ラスベガスで毎年1月に開催する世界最大級の家電見本市です。
※2 日本市場への導入の有無、詳細な導入時期、価格含めた仕様の詳細は発表日時点で未定となっています。
※3 本資料中に記載のあるスペックは全ての市場での適用を保証するものではありません。各国の法規制に適合し順次上市することを計画しています。

[ お問い合わせ ]
ハーレーダビッドソン カスタマーサービス
TEL/0800-080-8080

リリース = ハーレーダビッドソンジャパン株式会社

(バイクブロス・マガジンズ編集部)

このページの一番上へ

サイトのトップページへ

このページの一番下へ