『日本バイクオブザイヤー2018』が決定!記念すべき第1回目の受賞はカワサキ・Z900RS

掲載日: 2018年12月20日(木) 更新日: 2018年12月20日(木)

2018年12月19日(水)、一般社団法人日本二輪車文化協会は東京都千代田区にあるホテルグランドアーク半蔵門にて『日本バイクオブザイヤー2018』の授賞式を行った。『日本バイクオブザイヤー2018』は今回が記念すべき第1回目で、二輪大国日本での更なるバイク業界の活性化や二輪文化の確立、バイクが楽しい乗り物であることを広めるために企画されたものだ。ここでは2018年の各賞を受賞した車両と授賞式の様子をお届けする。

開会直後に行われたのは、演奏人間国宝・大倉正之助さんによる大鼓演奏だ。見事な演奏に会場にいた人々から大きな拍手が送られた。

授賞式では自由民主党・逢沢一郎議員(写真上段左)の祝辞や、一般社団法人日本二輪車文化協会・吉田純一会長(写真上段右)による挨拶が行われた。また、今回一般社団法人日本二輪車文化協会のエンブレムをデザインし、日本バイクオブザイヤーの選考委員も務めたファッションデザイナーの菊池武夫さん(写真下段)も登壇。

プレゼンターを務めた女優の吉田美佳子さん。RSタイチの胸部プロテクターやジャケットを着て登場し安全なライディングをPR!

授賞式用に用意された盾。賞は「日本バイクオブザイヤー2018」の他に「小型二輪クラス賞」「軽二輪クラス賞」「原付クラス賞」「外国車クラス賞」「ロングランヒット賞」があり、一般ユーザーからのweb投票で上位に入ったモデルを10~15名の選考委員が選考し決定する。ここからは、お待ちかねの受賞車両を紹介します!!

日本バイクオブザイヤー2018 & 小型二輪クラス賞
KAWASAKI Z900RS

日本バイクオブザイヤー2018と小型二輪クラス賞を受賞したカワサキのZ900RS

川崎重工業株式会社・萩尾清二さん。「ありがとうございます。カワサキは走る喜びや操る楽しさがあるのがバイクだと考えておりますので、それが皆さまに受け入れて頂けたのかなと思っております。」と受賞の喜びを語った。

軽二輪クラス賞
SUZUKI V-Strom250

軽二輪クラス賞を受賞したV-Strom250

登壇したのはスズキ株式会社・赤間俊一さん。「スズキはどちらかというと軽自動車の方で有名でして、軽二輪で今回この栄えある賞をいただきまして本当にありがとうございます。軽二輪は非常に利便性の高い乗り物だと思っております。新たなジャンルの車両と言うことで皆さまに評価されたと思っております。」と話した。

原付クラス賞
HONDA Monkey125

原付クラス賞を受賞したHONDA Monkey125

盾を受け取った株式会社ホンダモーターサイクルジャパン・赤坂正人さん。「ありがとうございます。皆さまご存じかと思いますが、モンキーという車両は50年前に誕生致しまして昨年をもって生産終了いたしました。今年125ccとして生まれ変わって、今後も長くご愛顧いただけるよう発売いたしました。このMonkey125で受賞できて非常に光栄でございます。」とコメントした。

外国車クラス賞
DUCATI Panigale V4S

外国車クラス賞を受賞したDUCATI Panigale V4S

登壇したドゥカティジャパン株式会社のマッツ・リンドストレームさん。「今日、この賞をいただけたことがとても嬉しいです。これからもっと、日本でのバイクライフを活性化させるために頑張ります。」と語った。

ロングランヒット賞
YAMAHA SR400
HONDA Super Cubシリーズ

ロングランヒット賞を受賞したYAMAHAのSR400

ヤマハ発動機販売株式会社・宮本義信さんは受賞の喜びを「1978年に発売を開始したSR400ですが、おかげさまで今年40周年を迎えることができました。SRはヤマハの魂と言っても過言ではありません。ヤマハブランドを代表するこのモデルを今後も進化、育成を続けていきたいと思います。」と話した。

ロングランヒット賞を受賞したHONDAのSuper Cubシリーズ

原付クラス賞に続きロングランヒット賞でも登壇した、株式会社ホンダモーターサイクルジャパン・赤坂正人さん。「ご紹介頂いたスーパーカブは1958年に創業者の本田宗一郎がプロデュースしたバイクです。おかげさまで60周年を迎えました。今のホンダを作り上げたモデルと言っても過言ではないと思います。この大事なスーパーカブで賞をもらえたことを大変嬉しく思います。」と受賞について語った。

[ 取材協力 ]
一般社団法人日本二輪車文化協会

(バイクブロス・マガジンズ編集部)

このページの一番上へ

サイトのトップページへ

このページの一番下へ