【ヤマハ】EICMA2018にLMWコミューターのプロトモデル「3CT」やアドベンチャーモデル「テネレ700」などを出展!

掲載日: 2018年11月06日(火) 更新日: 2018年11月06日(火)
カテゴリー: トピックス  タグ: , ,  

ヤマハ発動機は、2018年11月8日(木)~11日(日)にイタリア・ミラノで開催されるEICMA2018(ミラノショー)に、LMW(リーニング・マルチ・ホイール)コミューターのプロトモデル「3CT」や、新型のアドベンチャーモデル「Ténéré700(テネレ700)」、長距離走行を快適にするヒートグリップやサイドケースを装備した「NIKEN GT」を出展すると発表した。

「ひろがるモビリティの世界」を具現化するLMW のネクストステップ
LMWコミューターのプロトタイプ「3CT」をEICMAに出展

ヤマハ発動機株式会社は、イタリア・ミラノで開催される「EICMA」(ミラノショー一般公開:11月8日~11日)に、300cm3水冷エンジンを搭載するLMW(※1)コミューターのプロトモデル「3CT」を出展します。

LMWコミュータープロトモデル/3CT

当社では、中期経営計画で掲げた成長戦略のひとつとして、「ひろがるモビリティの世界」を推進しています。LMWはその中核を担う技術のひとつであり、「TRICITY125」(2014年発売)を皮切りに、高速道路の走行(※2)が可能な「TRICITY155」(2017年発売)、845cm3エンジンを搭載したLMW初の大型スポーツモデル「NIKEN」(2018年発売)と、ラインナップをひろげてきました。

「3CT」は、フロント2輪が特徴のLMW機構を搭載したスポーツコミューターのプロトモデルです。旋回時の優れた安定感をはじめとするLMWの特長と、300cm3エンジンの組み合わせで、スポーティかつ快適な平日のコミューティング、週末のファンライディングを提案します。

なお、「3CT」のほか、689cm3並列2気筒エンジンを軽量ダブルクレードルフレームに搭載したアドベンチャーモデル「Ténéré700」、サイドケースやヒートグリップなどの各種装備を搭載し、長距離走行の快適性をより高めた「NIKEN GT」なども出展します。

【Ténéré700

マットブラック2

マットダークグレーメタリック6

ブルーイッシュホワイトカクテルM

【NIKEN GT】

ブルーイッシュグレーソリッド4

マットダークパープリッシュブルーM1

※1 LMW= Leaning Multi Wheel。モーターサイクルのようにリーン(傾斜)して旋回する3 輪以上の車両の総称、商標登録第5646157号。
※2 日本の高速道路では、125ccを超える二輪車の走行が可能。

[ お問い合わせ ]
ヤマハ発動機株式会社
カスタマーコミュニケーションセンター
TEL/0120-090-819

>>プレスカンファレンス現地速報はこちら

リリース = ヤマハ発動機株式会社

(バイクブロス・マガジンズ編集部)

このページの一番上へ

サイトのトップページへ

このページの一番下へ

LINEで見る&読むBikeBros.最新モデル紹介から、バイクイベントやツーリングでのお役立ち情報
さらに、通販サイトのお得なキャンペーンまで配信中です。