【MotoGP】ロッシら、ヤマハライダーがピアニストとのコラボイベントに登場

掲載日: 2018年10月17日(水) 更新日: 2018年10月17日(水)

2018年10月17日に東京のヤマハ銀座ビルでヤマハのMotoGPライダーを招いたスペシャルイベントが開催された。「Two Yamahas, One Passion – RIDERS MEET PIANIST」と題されたこのイベントは、「お客様とともに感動を創り出す」という共同信念を持つ楽器メーカーのヤマハ株式会社とバイクメーカーのヤマハ発動機株式会社のコラボで行われたもので、会場には多くのGPファンと音楽ファンが詰めかけた。

バイク界からは10月20日に決勝が行われるMotoGP日本グランプリに出場するバレンティーノ・ロッシ、マーベリック・ビニャーレス、ヨハン・ザルコ、ハフィス・シャーリン、中須賀克行の5選手が登壇。そして音楽界からは、若くしてクラシック・ピアニストとしての才能を花開かせた一方で、テクノ、ハウスなど現代的なダンスミュージックの分野でも活躍する鬼才フランチェスコ・トリスターノ氏が登壇し、GPライダーたちと「感動」をテーマにしたトークを繰り広げた。

 

会場となったヤマハ銀座ビル内「ヤマハホール」のステージには、ロッシとビニャーレスが走らせるYZR-M1がピアノの並んで展示された。

ヤマハのワークスチームMovistar Yamaha MotoGPから日本グランプリに出場するバレンティーノ・ロッシ選手(左)と、チームメイトのマーベリック・ビニャーレス選手(右)。レースまで数日というタイミングだったが、二人とも終始にこやかな表情を浮かべていた。

全日本ロードレース選手権最高峰のJSB1000クラスでYAMAHA FACTORY RACING TEAMのエースとして活躍する中須賀克行選手。今年のMotoGP日本グランプリにもワイルドカードで参戦することが決定している。トークショーでは「レースでは長時間集中力を保つのが難しいので、集中する時間と少し抜く時間をうまく作って自分自身をコントロールしています」と、自身の戦い方についても言及していた。

ヤマハのサテライトチーム、Monster Yamaha Tech3のヨハン・ザルコ選手(左)とハフィス・シャーリン選手(右)もそろってステージへ。

 

トリスターノ氏は、今年のチェコ・ブルノで開催されたMotoGPを観戦後に製作した新曲「Time Grid」を披露。グランドピアノとシンセサイザーの2台を駆使したスピード感あふれる楽曲は、チェコGPで見たチームとライダーのレースに対する姿勢に大きなインスピレーションを受けたという。

演奏後、「感動」をテーマに会話をするトリスターノ氏とロッシ選手。「オーディエンスとの関係性が感動につながるんだ」と話すトリスターノ氏に、ロッシ選手も「ファンの声援に応えるためにベストを尽くすんだ」と続く。

インタビューの途中で趣味のピアノ演奏について話が及んだザルコ選手。「演奏してもらえませんか?」という司会からの呼びかけに、プロピアニストの演奏直後ということで恐縮しながらもピアノへ向かう。

はじめは恐縮気味だったザルコ選手もいざ鍵盤に手を伸ばすと、表情は一変。お気に入りだという、母国フランスの楽曲を弾き始めた。少年時代からピアノを嗜んでいたというだけあってその腕前はかなりのもの! MotoGPライダーが奏でる美しい旋律には演奏後、観客たちからは大きな拍手が巻き起こった。

ピアニスト×MotoGPライダーの異色のコラボによって実現した今年のヤマハファンミーティング。詰めかけたファンたちの大声援を背負って、選手たちは日本グランプリに挑む。

 

取材協力=ヤマハ発動機株式会社
Text=RyoTsuchiyama

(バイクブロス・マガジンズ編集部)

このページの一番上へ

サイトのトップページへ

このページの一番下へ

LINEで見る&読むBikeBros.最新モデル紹介から、バイクイベントやツーリングでのお役立ち情報
さらに、通販サイトのお得なキャンペーンまで配信中です。