【カワサキ】ボンネビルスピードウィークで「NinjaH2」が時速337.064kmの世界最速記録を樹立

掲載日: 2018年08月28日(火) 更新日: 2018年08月28日(火)

2018年8月11日(土)~17日(金)にアメリカ・ユタ州で開催されたボンネビルスピードウィークで、川崎重工の開発者とテストライダーで結成された「Team38」が、カワサキ/ニンジャH2で走行し世界最高記録となる時速209.442マイル(時速337.064km)を樹立した。

ボンネビルスピードウィークは、毎年8月にアメリカのボンネビルソルトフラッツで開催される二輪と四輪の世界最速に挑む競技だ。「Team38」が出走したP-PB1000クラスは、1000ccまでの過給エンジンを搭載した市販モデルが出場対象。限られた改造規定の中での世界最高記録の樹立はニンジャH2の基本性能の高さを証明した。

世界最速に挑むモータースポーツイベントボンネビルスピードウィークで「NinjaH2」が世界記録を樹立

川崎重工の開発者やテストライダーなどで結成されたレーシングチーム「Team38」は、2018年8月11日から17日にかけてアメリカ・ユタ州で開催されたモータースポーツイベントボンネビルスピードウィークのP-PB1000クラスにブラッグシップモデル「NinjaH2」で出走し、世界最速記録となる時速209.442マイル(時速337.064km)を樹立しました。

ボンネビルスピードウィークは、グレートソルト湖西部に位置する広大な塩の平原であるボンネビルソルトフラッツにおいて毎年8月に開催される、モーターサイクルや自動車で世界最速に挑む競技で、100年を超える歴史を持つ由緒正しいイベントです。

塩の上での走行は滑りやすく、単純に最高速を出す仕様のモーターサイクルでは記録が伸びず、タイヤの空転を抑える工夫や、直線走行を維持するライダーの技術が求められます。また、今回出走したP-PB1000クラスは、1,000ccまでの過給エンジンを搭載した市販モデルで競われるもので、市販モデルからの改造範囲が限定されていることから、ベースとなるモーターサイクルの基本性能が非常に重要となります。

「Team38」の「NinjaH2」は、8月14日に時速211.621マイル(時速340.571km)、続く8月15日に時速207.263マイル(時速333.557km)をマーク。二日間の平均となる時速209.442マイル(時速337.064km)が参戦クラスにおける世界記録と認定され、「NinjaH2」の性能の高さを証明しました。


[お問い合わせ]
川崎重工業株式会社コーポレートコミュニケーション部
[東京]Tel/03-3435-2130
[神戸]Tel/078-371-9531

リリース = 川崎重工業株式会社

(バイクブロス・マガジンズ編集部)

このページの一番上へ

サイトのトップページへ

このページの一番下へ

LINEで見る&読むBikeBros.最新モデル紹介から、バイクイベントやツーリングでのお役立ち情報
さらに、通販サイトのお得なキャンペーンまで配信中です。