『Monster Yamaha Tech3』からMotoGPへ挑む残り1枠のライダーが決定!

掲載日: 2018年02月23日(金) 更新日: 2018年02月23日(金)
カテゴリー: トピックス  タグ: ,  

ロードレース世界選手権MotoGPクラスへ参戦するチーム『Monster Yamaha Tech3』は2018年シーズンを迎えるにあたり、ハフィス・シャーリン選手をヨハン・ザルコ選手のチームメイトとして起用することを発表した。

シャーリン選手は、遺伝性の肝疾患ジルベール症候群を患い長期離脱となったジョナス・フォルガー選手に代わりチームの一員に大抜擢され、マレーシア人ライダーとして初めてMotoGPをフル参戦することとなる。

MotoGP 世界選手権
Monster Yamaha Tech3がハフィス・シャーリン選手を起用

Monster Yamaha Tech3は、ジョナス・フォルガー選手の欠場を受け、ハフィス・シャーリン選手(マレーシア・23歳)を、ヨハン・ザルコ選手のチームメイトに決定しました。シャーリン選手は、タイのブリラムで行われた公式テストに参加し、初の「YZR-M1」走行で急速な進歩を見せました。シャーリン選手はマレーシア人として初めて、ロードレースの世界最高峰クラスにフル参戦することとなります。

■ハフィス・シャーリン選手談
「Monster Yamaha Tech3から2018シーズン参戦の知らせを受け、とてもうれしく思います。ブリラムのテストではすばらしい時間を過すことができ、またそのなかでたくさんのことを学びました。この場を借りて、チームの皆さん、多くのアドバイスをくれたヨハン(ザルコ)にお礼を言いたいと思います。短い期間でMotoGPマシンをコントロールする方法を学べたことは、自分でも信じられないような大きな成果です。シーズンでもベストをつくし、私にできることはすべて全力でやっていきます。ヤマハ、エルべ(ポンシャラル)、Monster、Tech3の皆さん、私を信頼し、このようなすばらしいチャンスを与えていただき本当にありがとうございます。また常に私を支えてくれた家族、ファンの皆さん、そしてラズラン(ラザリ)にも感謝しています。次回、カタールでのテストには今まで以上に強いモチベーションを持って臨みます。シーズンのスタートが待ちきれません」

■ラズラン・ラザリ談(セパンインターナショナルサーキットCEO)
「ブリラムのテストでハフィスは歴史を作りました。彼がMonster Yamaha Tech3の一員としてグランプリをフルシーズン戦うことになったのは、マレーシアにとって1991年にマレーシアGPがはじまって以来の大ニュースであり、大変な快挙です。このことはアジア地域の人々にとってもうれしいニュースになったことと思います。ハフィスを信頼し、高く評価してくれたエルベ・ポンシャラル氏に感謝します。今後はハフィスの成長をゆだね、より強いライダーになってくれることを期待します」

■エルべ・ポンシャラル談(チームマネジャー)
「ザルコ選手のチームメイトとしてシャーリン選手の参戦を発表できうれしく思います。フォルガー選手の欠場が決まって以来、私たちは大変な日々を過ごしてきました。しかし、セパンでのラズラン・ラザリ氏との会話を発端に、思いもよらぬ展開が待っていました。ラザリ氏の情熱、心を動かすそのエネルギー、MotoGPおよびモーターサイクルスポーツに対する貢献に感謝します。彼の強い想いが、シャーリン選手に最高峰クラスへの最後の一段を登らせたのです。私たちは彼がすばらしいMotoGPライダーになると確信しています。それゆえブリラムでは、彼にとってはかなり過酷なミッションを課すこととなりましたが、最終的にすばらしい成果を残しました。ヤマハも彼のパフォーマンスに満足し、我々も大いに喜びました。マレーシア人ライダーがMotoGPにフル参戦するのは初めてですし、私たちはこの地域でのMotoGP人気の高まりを肌で感じています。その意味も含め、彼とともにチャレンジできることを誇りに思います。そしてチームやザルコ選手から学ぶことができれば、きっとすばらしいシーズンになることでしょう。今はシャーリン選手が、YZR-M1で最高峰クラスを戦う姿を早く見たい気持ちでいっぱいです」

リリース = ヤマハ発動機株式会社

(バイクブロス・マガジンズ編集部)

この記事を読んでいる方におすすめの商品

このページの一番上へ

サイトのトップページへ

このページの一番下へ

LINEで見る&読むBikeBros.最新モデル紹介から、バイクイベントやツーリングでのお役立ち情報
さらに、通販サイトのお得なキャンペーンまで配信中です。