バイク・オートバイ・モーターサイクル、原付&二輪車のあらゆる情報を発信するニュースサイトです。 | バイクニュース

このページの一番上へ

サイトのトップページへ

このページの一番下へ

車両情報

イベント情報

バイクブロス通販ブログ

ブランドボイス

ダイネーゼがNASAと宇宙服を共同開発中

掲載日: 2017年01月27日(金) 更新日: 2017年01月27日(金)
カテゴリー: トピックス  タグ: , ,  

リリース = 株式会社ユーロギアダイネーゼ&AGVジャパン事業部

バイク用のアパレルを数多く取り揃えるダイネーゼが、人類初となる火星旅行で使用する宇宙服をNASAと共同開発している。同社の最新エアバッグ技術である「D-air(R)」が、火星でのミッションで活かされようとしている。

火星旅行用バイオスーツ
以下リリースより
2017年1月26日

ダイネーゼの革新的な宇宙服、バイオスーツ

国際宇宙ステーション、2016年12月29日——デンマーク人宇宙飛行士のアンドレア・モーゲンセンがスキンスーツを初めてテストした2015年9月のIRISSミッションに続き、ダイネーゼは11月17日からプロキシマミッションミッションに臨んでいるトマ・ペスケを守るべく、宇宙へと戻ってきました。

欧州宇宙機関(ESA)とダイネーゼのサイエンス・アンド・リサーチセンターの提携による成果であり、国際宇宙ステーション内で着用されるために開発されたスキンスーツは、頭部から足の方向に「荷重」を与え、無重力環境においても地球上の重力の重みをリアルに再現します。スキンスーツは宇宙空間で背骨が伸びてしまうのを防ぐのを目的としており、着心地や動きやすさを損なうことなく垂直方向に大きな負荷を与えます。スキンスーツはダイネーゼにより体型に完璧にフィットするよう製作され、そのため宇宙飛行士の身体の150カ所以上を採寸する必要があります。

火星旅行用バイオスーツ

ダイナミックなスポーツにおいて人間を護ることを常々その使命としてきたダイネーゼは、人間の保護における革新的ソリューションを研究する取り組みをより強め、自然、アート、そして科学の関係が進化する可能性を探求することにより、絶えず未来に目を向けています。実際に、ダイネーゼは最近、シンポジウム「ガリレオから火星まで:アートサイエンスのルネサンス」においてSACI(スタディオ・アート・センター・インターナショナル)を支援しました。イタリアのフィレンツェで11月12日に開催されたこの限定イベントには、NASA副局長のダバ・ニューマン、NASAの宇宙飛行士やエンジニア、そしてアーティストのニコール・ストット、イタリア人宇宙飛行士のパオロ・ネスポリ、建築家でデザイナーのギレルモ・トロッティ、アーティストで教授のリア・ハロランなどの著名なゲストが参加しました。ダイネーゼは自社の宇宙服であるスキンスーツとバイオスーツ2点を展示しました。バイオスーツについて説明すると、これは2030年頃と予測されている人類初の火星旅行用の宇宙服で、「伸びないライン」というコンセプトにより、宇宙飛行士の身体に必要な機械的圧力を、動きを妨げることなく加えることを可能にするものです。

火星旅行用バイオスーツ

ダイネーゼのデザインアプローチは、常に自然とその構造からインスピレーションを得ており、デザイン、エンジニアリング、そして科学が交差するところに革新があるという重要性を認識し、有効性、重量、エルゴノミクスの間の理想的なバランスを追求しています。このアプローチの成果である最新のテクノロジーにD-air(R)と呼ばれるものがあります。今日、スポーツにおいて人間を保護しているこのウェアラブルなエアバッグが、火星へと向かう将来のモビリティのために準備されようとしているのです。

[ お問い合わせ ]
株式会社ユーロギアダイネーゼ&AGVジャパン事業部
TEL/03-5829-8027

ブランドトップページ