バイク・オートバイ・モーターサイクル、原付&二輪車のあらゆる情報を発信するニュースサイトです。 | バイクニュース

このページの一番上へ

サイトのトップページへ

このページの一番下へ

イベント情報

キャンペーン情報

【SYM】第43回東京モーターサイクルショー SYMブース

掲載日: 2016年03月27日(日) 更新日: 2016年08月18日(木)
この記事は 2016年3月27日に書かれたもので、内容が古い可能性があります。

写真/バイクブロス・マガジンズ編集部

台湾の車両メーカーであるSYMのブースには、未来感がほとばしる電動3輪モデル「EX3」が注目を集めていた。その他、発売を視野に入れたニューモデル「MiO115」や、300ccカフェレーサーモデル「SB300 CR ABS」などが見て取れた。現行モデル各種も、エクステリアデザインの一部変更などが施されており、各モデルが着実な熟成を計っていることが伺えた。

【SYM】第43回東京モーターサイクルショー SYMブース 画像

SYMブースで一際目を引いたのが参考出品の電動3輪モデルEX3。

【SYM】第43回東京モーターサイクルショー SYMブース 画像

フロントロゴ周りの装飾にもそこいえぬ気合を感じる。

【SYM】第43回東京モーターサイクルショー SYMブース 画像

跨るのではなく座るポジション。台湾ではテストコースで実際に走行したという。

【SYM】第43回東京モーターサイクルショー SYMブース 画像

コーナーリング時はリーンするというから、その挙動は限りなくバイクに近いようだ。

【SYM】第43回東京モーターサイクルショー SYMブース 画像

テール処理にも気合が感じられる。

【SYM】第43回東京モーターサイクルショー SYMブース 画像

新しいモビリティの提案はコックピット周りにも感じられる。

【SYM】第43回東京モーターサイクルショー SYMブース 画像

最大出力は5000Wとされている。

【SYM】第43回東京モーターサイクルショー SYMブース 画像

こちらは新型原付2種スクーター。MiO115。台湾でもまだ販売前のモデルだ。

【SYM】第43回東京モーターサイクルショー SYMブース 画像

完成モデルといえる状態に見て取れた。

【SYM】第43回東京モーターサイクルショー SYMブース 画像

ハンドル周りはシンプルながら、フックや鍵付き収納など実用性は高そうだ。

【SYM】第43回東京モーターサイクルショー SYMブース 画像

ホワイトボディのほうはフロントはドラムブレーキを装備。

【SYM】第43回東京モーターサイクルショー SYMブース 画像

こちらのマットブラックモデルは、シートデザインが異なっていた。

【SYM】第43回東京モーターサイクルショー SYMブース 画像

MiO115のマットブラックモデルは、フロントにディスクブレーキを装備。

【SYM】第43回東京モーターサイクルショー SYMブース 画像

参考出品されていたネイキッド。SB300 CR ABS。

【SYM】第43回東京モーターサイクルショー SYMブース 画像

エンジンは278.3ccの水冷4ストロークで27.4馬力を発生する。

【SYM】第43回東京モーターサイクルショー SYMブース 画像

リムにカラーラインを入れるなどデザイン性も意識したモデルとなっていた。

【SYM】第43回東京モーターサイクルショー SYMブース 画像

モデル名にある「CR」はカフェレーサーのこと。シート後部には刺繍が施されていた。

【SYM】第43回東京モーターサイクルショー SYMブース 画像

現在、250ccモデルとして発売できないか調整中とのこと。

コチラもあわせてチェック!

(バイクブロス・マガジンズ編集部)

Twitterで@BikeBrosMagazinをフォローしよう!

LINEで見る&読むBikeBros.最新モデル紹介から、バイクイベントやツーリングでのお役立ち情報
さらに、通販サイトのお得なキャンペーンまで配信中です。