バイク・オートバイ・モーターサイクル、原付&二輪車のあらゆる情報を発信するニュースサイトです。 | バイクニュース

このページの一番上へ

サイトのトップページへ

このページの一番下へ

イベント情報

キャンペーン情報

ブランドボイス

【ドゥカティ】第43回東京モーターサイクルショー ドゥカティブース

掲載日: 2016年03月26日(土) 更新日: 2016年08月18日(木)
この記事は 2016年3月26日に書かれたもので、内容が古い可能性があります。

写真/バイクブロス・マガジンズ編集部

第43回東京モーターサイクルショーのドゥカティブースでは、話題の注目車両が数多く展示されている。XDIAVELをはじめ、SCRAMBLERの中型モデルであるSIXTY2、さらに大幅な改良が行われたHYPERMOTARD939&HYPERSTRADA939などが一堂に会し、いまのドゥカティの勢いを感じさせる展示となっている。

ドゥカティジャパンの加藤社長もプレスカンファレンスに登壇。世界的に好調なセールスを記録しているSCRAMBLERシリーズを軸に、スーパースポーツからツーリングモデルまであらゆるカテゴリを縦断する新しいラインナップに自信を覗かせた。

【ドゥカティ】第43回東京モーターサイクルショー ドゥカティブース

ドゥカティブースのメインステージ。MULTISTRADA 1200S、HYPERMOTARD 939SP、959 PANIGALE、MONSTER 1200Rが並ぶ。

【ドゥカティ】第43回東京モーターサイクルショー ドゥカティブース

ドゥカティジャパン代表取締役の加藤氏。昨年から好調なSCRAMBLERシリーズに新たに加わるSIXTY2や追加されたバリエーションモデルへの期待を語った。

【ドゥカティ】第43回東京モーターサイクルショー ドゥカティブース

昨年に引き続き、ブースの一画にSCRAMBLERコーナーが構える。新しいライフスタイルを提案するSCRAMBLERの世界を楽しめる。

【ドゥカティ】第43回東京モーターサイクルショー ドゥカティブース

新たに加わる中型モデルSIXTY2。かつては400SSやモンスター400も日本ではウケがよかった。中型免許で乗れるドゥカティが久々に復活だ。

【ドゥカティ】第43回東京モーターサイクルショー ドゥカティブース

新たに登場するFLAT TRACK PRO。その名の通り、AMAのフラットトラックシーンから飛び出してきたようなスポーティなモデルだ。

【ドゥカティ】第43回東京モーターサイクルショー ドゥカティブース

装着されるフロントフェンダーはFULL THROTTLEと同じショートタイプ。ステーも簡略化されていて、これだけでフロント周りの軽快感が増す。

【ドゥカティ】第43回東京モーターサイクルショー ドゥカティブース

シート両サイドにはフラットトラックマシンのイメージを盛り込んだゼッケンプレートを装着。数字を入れてもよし、ステッカーチューンをするもよし。

【ドゥカティ】第43回東京モーターサイクルショー ドゥカティブース

新登場の959 PANIGALEは、955cc(かつての916と同じ排気量)となり、よりリッターサイズへと近づくとともに、電子制御も大幅に進化。

【ドゥカティ】第43回東京モーターサイクルショー ドゥカティブース

939ccへと排気量を拡大したHYPERMOTARD 939。その最高峰モデルがこのSP。前後オーリンズ製サスやアルミ鍛造ホイールが装着されている。

【ドゥカティ】第43回東京モーターサイクルショー ドゥカティブース

大型のスクリーンや左右のスタイリッシュなパニアケースなど充実の旅装備を持つHYPERSTRADA939。旅とスポーツ性を両立する欲張りなモデルだ。

【ドゥカティ】第43回東京モーターサイクルショー ドゥカティブース

DIAVELファミリーの新星、XDIAVEL。ラグジュアリーでスポーティ、そんな独自路線を突き進む超期待のモデル。押し出し感の強さは圧倒的だ。

【ドゥカティ】第43回東京モーターサイクルショー ドゥカティブース

もはやライバルなどいない、とまで言える世界観を作り上げたニューモデル。特にリアセクションの迫力が凄まじい。

【ドゥカティ】第43回東京モーターサイクルショー ドゥカティブース

まるで四輪のハイエンドスポーツカーのようなデザインのリアホイール。ブラックとシルバーのコントラストには息を飲む。

【ドゥカティ】第43回東京モーターサイクルショー ドゥカティブース

タイミングカバーを中心としたエンジン周りのデザインにも一切手抜きはない。所有欲を存分に満たしてくれるディティールだ。排気量は1262cc。

【ドゥカティ】第43回東京モーターサイクルショー ドゥカティブース

ヒットを飛ばすMULTISTRADA1200。写真はグラフィックモデルのPIKES PEAK。もちろんイメージソースはPPIHCのマシンだ。

【ドゥカティ】第43回東京モーターサイクルショー ドゥカティブース

注目の最新モデルに触れられる東京モーターサイクルショーでのドゥカティブース。ブース内にはドゥカティオーナー専用ブースも設けられている。

コチラもあわせてチェック!

(バイクブロス・マガジンズ編集部)

Twitterで@BikeBrosMagazinをフォローしよう!

みんなと話題を共有しよう