バイク・オートバイ・モーターサイクル、原付&二輪車のあらゆる情報を発信するニュースサイトです。 | バイクニュース

このページの一番上へ

サイトのトップページへ

このページの一番下へ

イベント情報

ブランドボイス

編集部コラム

バイクブロス通販ブログ

タミヤから1/12「レプソル Honda RC213V’14」新発売

掲載日: 2016年02月24日(水) 更新日: 2016年02月24日(水)
この記事は 2016年2月24日に書かれたもので、内容が古い可能性があります。

情報元 = 株式会社タミヤ

タミヤから、1/12バイクシリーズの新作としてゼッケン93番のM.マルケス車を再現した「レプソル Honda RC213V’14」が2016年3月26日(土)ごろに発売予定と発表された。プラスチックモデル組み立てキットで、カウリングは完成後も脱着可能。精密にモデル化されているので細部まで内部メカを観察することができる。さらに、アルミ切削製のフォークアウターや金メッキ 加工を施した真ちゅう製フォークインナー他、仕上がりの質感を高めるディテールアップパーツも発売される。

RC213V

全長=173mm 写真はキットを組み立て、塗装したものです

以下リリースより
2016年2月22日


2014 年のMotoGP チャンピオンマシン
「レプソル Honda RC213V」の1/12 スケールモデルを発売

■実車解説
2014年のロードレース世界選手権の最高峰MotoGPクラスに投入されたHondaのワークスマシンがレプソル Honda RC213Vです。チャンピオンを獲得した前年型をさらに改良。エアインテーク形状を変更したフロントカウルをはじめ、より空力を追求したカウル類、強靱なアルミ製ツインチューブフレームの車体、ニュウマチックバルブを採用した水冷V型4気筒エンジン、Honda 独自のシームレストランスミッション、さらに各種の電子制御システムに至るまで全てがリファインされました。ライダーはマルク・マルケスとダニ・ペドロサの両選手。M.マルケス選手は開幕10連勝を含む13勝、D.ペドロサ選手も1勝をあげ18戦中14勝とシーズンを席巻。この年、ライダー・コンストラクター・チームの3 冠をもたらしました。

RC213V

■シリーズ名/タミヤ 1/12 オートバイシリーズ
■製品名/レプソル Honda RC213V ’14
■発売日/2016年3月26日ごろ
■価格/4,320円 (本体価格 4,000円)
■商品形態/プラスチックモデル組立てキット
■商品情報ページhttp://www.tamiya.com/japan/products/14130/index.htm
■販売ルート/全国の模型、ホビー専門店、タミヤ プラモデルファクトリー 新橋店、タミヤ プラモデルファクトリー トレッサ横浜店、タミヤショップオンライン等で販売

RC213V

■製品概要
レプソルHonda RC213Vの1/12スケールモデルです。ゼッケン93番のM.マルケス車を再現しました。ツインチューブフレームに搭載されたV型4気筒エンジン、スイングアームやフロントフォークなど、実車の構造を忠実に再現。極小ビスを使いフレームにエンジンやサスペンション、ホイール、カウルなどを固定していく、実車さながらの組立工程が楽しめます。カウリングは完成後も脱着可能。フロントカウルからフレーム側面を貫通してエンジンに空気を導くエアダクトの構造も理解できます。スポンサーロゴやメーターパネル用のスライドマークは発色に優れたシルクスクリーン印刷。カウル塗り分け用のマスキングシールが付属します。

・全長173mm、全幅58mm。
・タンクカバーのニーグリップ用パッドはクリヤーパーツで再現。
・透明パーツのスクリーンは接着剤を使わずに取り付けが可能。
・レーシングスタンドが付属。
・テールカウルに装着される車載カメラも再現。
・前後のレーシングスリックタイヤは質感あるソリッドゴム製。

■仕上がりの精密感をさらに高めるディテールアップパーツ
アルミ切削製のフォークアウターやリザーバータンク、金メッキ 加工を施した真ちゅう製フォークインナー、イエロー塗装済みコ イルスプリングなどをセット。精密感と質感をいっそう高めます。

RC213V

■商品名/1/12 Honda RC213V ’14 フロントフォークセット
■Item No/12667 
■価格/1,944円(税8%込み)
■発売時期/2016年 3月26日(土)ごろ発売 

[ お問い合わせ ]
タミヤ
カスタマーサービス
受付時間/月~金 9:00~18:00 土日祝8:00~17:00
TEL/054-283-0003(静岡)
TEL/03-3899-3765(東京:静岡へ転送)

(バイクブロス・マガジンズ編集部)

Twitterで@BikeBrosMagazinをフォローしよう!

みんなと話題を共有しよう