バイク・オートバイ・モーターサイクル、原付&二輪車のあらゆる情報を発信するニュースサイトです。 | バイクニュース

このページの一番上へ

サイトのトップページへ

このページの一番下へ

イベント情報

キャンペーン情報

【KTM】クロスパーク勝沼(山梨)と2016シーズン新チーム結成

掲載日: 2016年01月07日(木) 更新日: 2016年01月08日(金)
この記事は 2016年1月7日に書かれたもので、内容が古い可能性があります。

リリース = KTM JAPAN株式会社

モトクロス&クロスカントリーコース「クロスパーク勝沼」(山梨)とKTMが協働して新チーム「KTM XPX Racing」を結成。新生チームの主力メンバーは小林雅人選手、斉木達也選手、林友太選手の3名。クロスカントリー・レースシリーズ、JNCCを中心に活動することを発表した。

KTM
以下リリースより
2016年1月5日


クロスパーク勝沼とKTM、2016シーズンでの強力なタッグを組む。

東京近郊としては屈指のテクニカルコースであり、モトクロスとクロスカントリー、双方のニーズに対応する山梨県・クロスパーク勝沼。モトクロスでは関東選手権も開催され、エンデューロでもJEC東日本エリア戦やJEC Litesの舞台として、またクロスカントリーではWEXの会場としても知られているマルチオフロードコースである。

KTMではここXPKでオフロードモデルの試乗会などを開催してきた縁もあり、オフロード・モーターサイクル・スポーツをさらに盛り上げるべく協働することを決定。「KTM XPK Racing」として2016年シーズン、JNCC全日本クロスカントリー選手権関東選手権を中心に活動を深めていく。

新生チームの主力メンバーは3名。まずは、JNCCトップのAAクラスでシングルゼッケンでの活躍を続けてきた小林雅人選手がゼッケン6を付け、KTM 250EXC-F SIXDAYSを走らせる。続いて、2015シーズンでクラスを超越した走りでの活躍が認められ同じくAAクラスに特別昇格した斉木達也選手はゼッケン11をKTM 250SX-Fに掲げる。Aクラスでゼッケン01を付けてKTM450EXCを走らせるのは、15年シーサイドバレーでの優勝が記憶に新しい林友太選手。

いずれも、KTMのマシン性能はもとより、それ以上にフレンドリーでかつプロフェッショナルなKTMビレッジやピットでの完璧なサポート体制に信頼を置いてのチーム入りとなった。KTMでは2016年シーズンも従来以上にオフロードスポーツに注力し、なによりもすべてのお客様に最高のサービスを提供することをモットーに活動していく。今後の動きに目が離せない。

KTM

小林雅人選手
JNCC AA#6(KTM250EXC-F SIXDAYS)
KTM 250EXC-F SIXDAYSの乗りやすさと戦闘力の高さに驚くばかりです。僕にはまだノーマルでも十分以上のポテンシャル。これから乗り込むにつれ、数多いパワーパーツなどでのモディファイも提案できたら楽しいですね。

KTM

斉木達也選手
JNCC AA#11(KTM 250SX-F)
モトクロス出身としてはあえてSX-Fでそのスピードと扱いやすさを見せつけたいですね。KTMはコンパクトでパワフル。ほとんどのコースではエンデュランサーに遜色ない走りが魅せられるはずです。モトクロスも走ってみたいですね。

KTM

林友太選手
JNCC A#01(KTM 450EXC)
難所やガレでの圧倒的な扱いやすさがたまらないです。僕はいつも大排気量のトルクを使って走るのが好きなので450EXCをチョイスしましたが、パワーも十分以上なのに扱いやすくて、乗るのが楽しいですね。

[ お問い合わせ ]
KTM JAPAN
TEL/03-3527-8885

(バイクブロス・マガジンズ編集部)

Twitterで@BikeBrosMagazinをフォローしよう!

LINEで見る&読むBikeBros.最新モデル紹介から、バイクイベントやツーリングでのお役立ち情報
さらに、通販サイトのお得なキャンペーンまで配信中です。