第36回 東京モーターサイクルショーレポート ~BMW Motorrad 編~

掲載日:2009年03月27日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

取材・写真・文:田中善介 = バージンBMW編集部

本日より開催された東京モーターサイクルショーにおいて、BMW Motorrad ブースではエンデューロモデルを全面に押し出した前回の演出とはうってかわり、ツーリングの対極にあるレーシング・モデルを最前列に展示し、スポーティなブランドイメージを打ち出している。

2009 SBK 参戦モデルとしてすでに話題を呼んでいる S 1000 RR が最上段に展示され、つづいて 2008 もて耐優勝マシンの HP2 Sport、それにJNCC全日本選手権で今月優勝を飾ったばかりの G 450 X が来場者を出迎えている。






BMW Motorradブースの見どころ
また、ボクサーエンジンのポテンシャルを極限まで高めた HP(High Performance)シリーズの HP2 Sport と HP2 Megamoto も最前列中央に置かれ、一際目立つ存在となっている。


すでに販売から2年が経とうとしている HP2 Megamoto に関しては、パイクス・ピーク(米国コロラド州)参戦モデルのカラーリングをまとっての参考出展。ユーザーの反応次第では国内限定で販売される可能性も。



最新モデルの K 1300 シリーズも注目を集めており、なかでもストリートでもっともアグレッシブなイメージを持つ K 1300 R は、スタンダード以外にも HP パーツをフル装備した車輌を展示。



意外と知られていないオプションパーツとして、 F 800 GS 用エンデューロシートも、実際にまたがって感触を確かめられるようになっている。


最新の純正ライダーイクイップメント(ウェア、ヘルメット)も展示。


展示されている現行モデルは、実際にまたがってライディング・ポジションを確認できるようになっており、足つき性や車体のボリュームに関心のある来場者でつねににぎわっていた。ツーリング・モデルのイメージが強いメーカーではあるが、スタンダード状態でもすでに高いポテンシャルを備えている BMW Motorrad は、レースシーンへの積極的な参加によってそれを証明している。今後もさまざまな活躍を魅せてくれることだろう。


過去の関連ニュース

【ヤマハ】東京モーターショー2015展示車からMWT-9とMOTOBOT

【ヤマハ】東京モーターショー2015展示車からMWT-9とMOTOBOT

2015年10月30日 トピックス

ヤマハの出展モデルからMWT-9とMOTOBOT Ver.1の画像をご紹介

【BMW】BMW MOTORRAD DAYS JAPAN 2015 8/29・30開催

【BMW】BMW MOTORRAD DAYS JAPAN 2015 8/29・30開催

2015年6月12日 イベント

BMW Motorradの公式イベント「BMW MOTORRAD DAYS JAPAN 2015」が2015年8月29・30日(土・日)に白馬村で開催される

【BMW】デジタル・マガジン『HIBIKI-韻』第7弾発行

【BMW】デジタル・マガジン『HIBIKI-韻』第7弾発行

2016年5月9日 トピックス

BMW Motorradの世界観を多くの人へ響かせるデジタル・マガジン「HIBIKI-韻」の第7弾発行

【BMW】景色と振動で楽しむバーチャル試乗がディーラーで体験可能に

【BMW】景色と振動で楽しむバーチャル試乗がディーラーで体験可能に

2016年3月23日 トピックス

BMW Motorradは主催イベントのみで体験可能だったバーチャル試乗体験システム「EYE RIDE」を全国7か所のディーラーへ導入した

あらゆる事柄をライダーにリサーチ

よく読まれているニュース

トピックスの新着ニュース

ニュースのカテゴリ一覧