国内2輪4社が電動二輪車普及を目的とした二輪用交換式バッテリーのコンソーシアムを創設

掲載日: 2019年04月04日(木) 更新日: 2019年04月08日(月)

2019年4月4日(木)、ホンダ、カワサキ、スズキ、ヤマハの4社が『電動二輪車用交換式バッテリーコンソーシアム』を設立したことを発表し、このコンソーシアムについての説明会を開いた。登壇したのは上写真の4名で、左から本田技研工業株式会社・二輪事業本部二輪企画部の三原大樹部長、川崎重工株式会社・モーターサイクル&エンジンカンパニー企画本部渉外部の古橋賢一部長、スズキ株式会社・二輪カンパニー二輪企画部の福留武志部長、ヤマハ発動機株式会社・MC事業部戦略統括部の有西達哉統括部長。

この『電動二輪車用交換式バッテリーコンソーシアム』は、日本国内に向けての原付一種と二種を対象とする、二輪用交換式バッテリーの仕様やそのバッテリー交換システムを4社が技術や知恵を出し合って決めていく協議体で、出資をして法人化の予定はないとのこと。共通となる仕様を決め標準化していくことで、電動二輪の普及を図ることを目的としている。

ホンダ、ヤマハ、スズキはこれまでそれぞれに電動二輪車の開発や販売を行ってきたが、今回の交換式バッテリー及び交換システムの共通化により、ユーザーが簡単にバッテリー交換ができるようになり、今まで課題となっていた「航続距離の短さ」や「充電時間がかかる」といった内容をクリアにできる。また、バッテリー自体のコスト、充電インフラを整えるコストを4社で負担することにより、より充実した環境を作ることが可能だ。

現段階で決まっているのは、前記した日本国内に向けての原付一種と二種を対象とすることのみで、期限のめどや充電インフラをどうするか等の詳細も、今後このコンソーシアムで協議される予定。

共通化された二輪用交換式バッテリーが各社それぞれの車体に搭載され走る日が楽しみだ。

※以下は本日発表された電動二輪車用交換式バッテリーのコンソーシアムを創設のリリース。

電動二輪車用交換式バッテリーのコンソーシアムを創設

本田技研工業株式会社、川崎重工業株式会社、スズキ株式会社、ヤマハ発動機株式会社の4社は、本日、日本国内における電動二輪車の普及を目的とした「電動二輪車用交換式バッテリーコンソーシアム(以下、コンソーシアム)」を創設し協働を開始します。

二輪業界としては、より環境にやさしく利便性の高いモビリティとしての電動二輪車の普及を業界全体で検討しています。電動二輪車普及のためには、航続距離の延長や充電時間の短縮、車両およびインフラコストが課題となっています。

これらの課題を克服するためにさまざまな取り組みがありますが、その対応の一つの手段として、コンソーシアムでは共通利用を目的とした交換式バッテリーとそのバッテリー交換システムの標準化の検討を進め、技術的なシナジーやスケールメリットを創出することを目指します。

コンソーシアムの活動を通じ、二輪業界全体で多様な議論をおこない、電動二輪車の普及により、低炭素社会の実現に貢献することを目指します。

【代表幹事:本田技研工業株式会社 常務執行役員 二輪事業本部長 安部典明のコメント】
「電動二輪車の普及には、航続距離や充電時間等の課題解決が必要であり、交換式バッテリーは有効な解決策と言えます。お客様の使い勝手を考慮すると、交換式バッテリーの標準化や交換システムの普及が不可欠と考えています。このコンソーシアムにおいて、まずは国内二輪4社で協働検討をすすめるとともに、この考えにより多くの方々に共感いただくことで、電動二輪車の利用環境が改善され、お客様の利便性を向上させる一助となればと思っています。」

リリース = 本田技研工業株式会社、川崎重工業株式会社、スズキ株式会社、ヤマハ発動機株式会社

(バイクブロス・マガジンズ編集部)

このページの一番上へ

サイトのトップページへ

このページの一番下へ