バイク・オートバイ・モーターサイクル、原付&二輪車のあらゆる情報を発信するニュースサイトです。 | バイクニュース

このページの一番上へ

サイトのトップページへ

このページの一番下へ

イベント情報

キャンペーン情報

ブランドボイス

モトーリモーダ銀座店がオープニングパーティーを開催

掲載日: 2017年09月19日(火) 更新日: 2017年09月20日(水)
カテゴリー: レポート  タグ: , , ,  

取材・写真・文=バイクブロス・マガジンズ編集部

世界の人気ブランドが集まり、地名そのものにもブランドパワーが含まれる『銀座』。そんな高級エリアの一角に店を構えるモトーリモーダ銀座店が、2017年9月16日に移転オープンを果たした。以前の店舗から歩いて数分の場所への移転となり、旧店舗に比べて店内はさらに広くなり、バイクでのアクセスも良好な立地だ。

この移転オープンを記念し、9月15日にはオープニングセレモニーが行なわれた。新店舗のデザインは、モトーリモーダとも縁の深いファッションデザイナーの荒川眞一郎氏が手がけており、同氏が展開するファッションブランド「SHINICHIRO ARAKAWA」に通ずるスマートな内装となっていた。さっそくモトーリモーダの新店舗をレポートしていこう。

入店時にまず目に入るエントランスドア。4輪用のシフトノブと、ハンドル部分にはMVアグスタから取り寄せたというF4のハンドルが使用されている。

モーターアパレルファッションブランド「56design」を手掛ける中野真矢氏(元MotoGPライダー)の挨拶。56designのアイテムはモトーリモーダ銀座店でも取り扱っており購入が可能だ。

来賓として、SUPER GT・GT500クラスなどに出場していた元ドライバーのミハエル・クルム氏も訪れていた。

荒川眞一郎氏(写真左)とモトーリモーダ代表取締役の岡林道則氏(写真右)による乾杯の挨拶。

店内は大きく2輪スペースと4輪スペースに分けられており、所狭しとアイテムが並んでいる。ラックは木目調で暖色系のライトと相まって居心地の良い空間を作り出している。

軽量かつ高強度なカーボンファイバーを使用して造られているヘルメット「Ruby(ルビー)」。壁を利用した、すっきりとしたディスプレイだ。

スイスのモーターアパレルブランド「Warson Motors(ワーソンモータース)」のライディングジャケットが並ぶラック。古き良き時代のモータースポーツシーンを再現するアイテムを数多く揃えており、アパレルのヘリテイジモデルと言える。

helstons(ヘルストン)のジャケット&ライディンググローブに、Rubyのヘルメット。A PIECE OF CHIC(ピースオブシック)のスカーフが並ぶ。限られたスペースながら、全身のコーディネートをイメージしやすいディスプレイだ。

店内には、2輪用アイテムの他に4輪に関連する商品も多数揃えられていた。こちらは4輪最高峰レースのF1(フォーミュラ1)でお馴染み「スクーデリア・フェラーリ」のグッズだ。

オープニングセレモニーではアルコールとドリンクの他にも、ビュッフェ形式の料理が振る舞われた。
■Motorimoda銀座(モトーリモーダ銀座)
東京都中央区銀座8-16-6-1F
TEL/03-6226-2515
営業時間/11:00〜20:00(年中無休)
ブランドトップページ

(バイクブロス・マガジンズ編集部)

Twitterで@BikeBrosMagazinをフォローしよう!

みんなと話題を共有しよう