バイク・オートバイ・モーターサイクル、原付&二輪車のあらゆる情報を発信するニュースサイトです。 | バイクニュース

このページの一番上へ

サイトのトップページへ

このページの一番下へ

イベント情報

ブランドボイス

編集部コラム

バイクブロス通販ブログ

【ライダー研究】愛車(バイク)の軽自動車税、支払いは「家計」「小遣い」どちらから?

掲載日: 2017年07月08日(土) 更新日: 2017年07月04日(火)

情報元 = バイクブロス・マガジンズ、文=浜瀬将樹(一間堂)

バイク関連のあらゆる事柄をリサーチするバイクブロスの「バイクリサーチ」。今回は、軽自動車税の納付について家計とお小遣いのどちらから支払っているのかを調査した。

春になるとやってくる軽自動車税の支払い。先日納付期間が終了したが、複数台所有しているライダーにとってはイタい出費だったと思う……。クルマの自動車税は家計から支出していることがほとんどだろうが、果たしてバイクは、お小遣いと家計のどちらから支払うことが多いのだろうか? 調査をしてみると意外な結果が判明した。

バイクブロスアンケートサイト「バイクリサーチ」では、2017年5月16日~6月5日に「愛車(バイク)の軽自動車税、支払いは「家計」「小遣い」どちらから?」というリサーチを実施。バイクブロス会員100人の投票を得た。

結論から言うとまさに大接戦。「小遣いから支払っている」が、1番多い34票(34%)を獲得したのだが、2位以下とわずかな票数の差……。同率で「家計から支払っている」、「どちらでもない(家計・小遣い分けていない)」が共に33票(33%)という結果だったのだ。

1位(といっても団子状態だが)の「小遣いから支払っている」という人は、毎年春が来ると「ツーリングシーズンだ!」と喜ぶ反面「支払いをどうやりくりする?」と頭を悩ませる人も多い_ハズ。数千円といえどキツイものはキツイ……。義務なので仕方のないことだが、目を閉じれば「飲みに行くのを我慢して支払った!」、「欲しいバイクギアを諦めてお金を貯めた」など様々なライダーの声が聞こえてきそうである(笑)。

「家計から支払っている」という意見には「四輪も含め、税金は全て必要経費として私が納めています」と奥さん側からの投稿があった。この女性はバイクを所有しており、愛車に乗る人の気持ちを十分に理解している……ここが大きなポイントである。やはり、家計を握ることが多い奥さんが味方についてくれるのはありがたいことだ。こうした家族側の後押しがあるライダーは、自分の財布から捻出する必要がないので、ホッとしているのでは?

上述したように、そもそも収入を家計と小遣いに分けていない家庭や1人暮らしが投票した「どちらでもない」という意見にも多くの票が集まっている。それぞれ「家庭の事情がある」といえば済んでしまうことだが、まさか3等分キッチリと分かれるとは……! まぁ~なんともまとめづらい結果になったものである(笑)。

 

関連記事

(バイクブロス・マガジンズ編集部)

Twitterで@BikeBrosMagazinをフォローしよう!

みんなと話題を共有しよう