バイク・オートバイ・モーターサイクル、原付&二輪車のあらゆる情報を発信するニュースサイトです。 | バイクニュース

このページの一番上へ

サイトのトップページへ

このページの一番下へ

イベント情報

ブランドボイス

編集部コラム

バイクブロス通販ブログ

【東京モーターサイクルショー2017出展速報】ヨシムラジャパンブース

掲載日: 2017年03月24日(金) 更新日: 2017年06月06日(火)

取材・写真・文 = バイクブロス・マガジンズ編集部

2017年3月24日(金)~26日(日)まで開催している第44回東京モーターサイクルショー2017に出展するヨシムラジャパンは、毎年この場で全日本ロードレース選手権JSB1000クラスへの参戦を発表している。2017年はマシンも新たに若手ライダーを起用(大抜擢)するなど、そのレース活動には注目が集まる。

ブースには、当然ながらマフラーを中心とした展示がなされている。装着車両を台の上に載せ、より目線に近い位置で見ることができる。車種はスーパースポーツからツーリング、ミニバイクとじつに幅広い。そして今年のブースのコンセプトは「第六感までも刺激する」というもの。詳しくは是非現場で確認して欲しい。

2017TMCS
これまでで最大のモニターをメインステージに設置。まるで鈴鹿サーキットの巨大モニターを思わせる。
2017TMCS
2017年のチーム体制を発表。「ヨシムラ スズキ MOTUL レーシング」としてチャレンジする。
2017TMCS
ロードレースファン、ヨシムラファンにはたまらない車両も展示(実物)。1986年以来の公式パートナーとなるMOTULの文字が意味するところは深い。
2017TMCS
ヤマハYZF-R1MやスズキGSX-R1000Rなどのスーパースポーツマシンはもちろんのこと、奥の台にはホンダやKTMのモトクロッサーも展示。
2017TMCS
ストリート向けのマフラーも展示。注目のホンダCBR250RR用マフラーも開発中。
2017TMCS
マフラーのみならず、キャブレターやカムシャフトなどチューンナップパーツも並ぶ。
2017TMCS
性能向上はもちろんのことスタイルにもこだわるのがヨシムラ流。
2017TMCS
車体にあわせてマフラーのデザインもさまざま。
2017TMCS
腹下でとぐろを巻くエキゾーストパイプは参考出品。
2017TMCS
気になるサウンドは動画でチェックできる。

(バイクブロス・マガジンズ編集部)

Twitterで@BikeBrosMagazinをフォローしよう!

みんなと話題を共有しよう