バイク・オートバイ・モーターサイクル、原付&二輪車のあらゆる情報を発信するニュースサイトです。 | バイクニュース

このページの一番上へ

サイトのトップページへ

このページの一番下へ

イベント情報

ブランドボイス

編集部コラム

バイクブロス通販ブログ

【東京モーターサイクルショー2017出展速報】MVアグスタブース

掲載日: 2017年03月24日(金) 更新日: 2017年06月06日(火)
取材・写真・文= Ryo Tsuchiyama

2017年3月24日(金)からスタートした東京モーターサイクルショー2017。ここではイタリアの高級スポーツバイクブランド、MVアグスタのブースの模様をお届けする。

現在同社のラインナップを支えるエンジンは並列4気筒と並列3気筒の2種類だが、車体のパッケージングやデザインを変化させることで、ストリート、スポーツ、ツアラーと多彩なバリエーションを持たせている。今年のMVブースでは、F4RCを筆頭としてF3 800RC、DRAGSTER 800 RC、TURISMO 800 RCなど、「RC」の称号も持つモデルがズラリ。また他社とは一線を画す、ブースデザインにも注目してほしい。

2017TMCSmv
SHINICHIRO ARAKAWAがデザインしたアヴァンギャルドなブースもMVアグスタらしい。
2017TMCSmv
STRADALE 800のツーリングエディション(税込183万7080円)。パニアケースのデザインも美しい。
2017TMCSmv
TURISMO VELOCE RC(税込248万4000円)。MVのワークスカラーがスポーティ!
2017TMCSmv
F4RC(税込478万4400円)。SBKを走るワークスマシンのレプリカ的外装は一見の価値アリ。
2017TMCSmv
こちらは3気筒スーパースポーツのF3RC(税込226万8000円)。F4RC同様のレーサーレプリカグラフィックを採用。
2017TMCSmv
昨年欧州ショーで発表されたDRAGSTER 800 RC(税込233万2800円)。今回のブースではAGVヘルメットも展示。
2017TMCSmv
1台1台が見やすい高さにディスプレイされているのが特徴のMVブース。写真も撮りやすいのが嬉しい。
2017TMCSmv
MVのネイキッドモデルとして人気のBRUTALE 800(税込155万2000円)。リーズナブルな価格帯が魅力。
2017TMCSmv
MVアグスタの世界観を満喫できるブースは終日多くのバイクファンが訪れていた。

(バイクブロス・マガジンズ編集部)

Twitterで@BikeBrosMagazinをフォローしよう!

みんなと話題を共有しよう