【東京モーターサイクルショー2017出展速報】BMW Motorradブース

掲載日: 2017年03月24日(金) 更新日: 2017年06月06日(火)
この記事は 2017年3月24日に書かれたもので、内容が古い可能性があります。
取材・写真・文=Ryo Tsuchiyama(バイクブロス・マガジンズ編集部)

2017年3月24日(金)から26日(日)まで開催される東京モーターサイクルショー2017のBMW Motorardブースの模様を速報でお届け。今年数多くのニューモデルの発売が控えているBMWは、発売が始まったばかりの2017年モデルをはじめ、R nineT Urban G/SやG310Rなどの発売予定モデルも展示している。現行ラインナップがすべて勢揃いしたブースの中でも、注目はやはりヘリテイジのR nineTシリーズ。4月発売のRacerやPureを筆頭に、発売がアナウンスされているモデルはすべてブース内に展示中だ。

また、昭和女子大学とのコラボレーションで誕生したC650Sportをベースにしたラッピングバイクや、往年の名車R5をベースにBMW Motorrad本社が製作したコンセプトモデル「R5 Hommage」も大阪に続いて展示している。

2017TMCS
2017年は怒涛のニューモデルラッシュとなるBMW。実車に触れる機会をお見逃しなく。
2017TMCS
4月14日から発売されるR nineT Racer(税込183万円)。展示車両はまたがりOK!
2017TMCS
同日発売のR nineT Pure(税込167万円)。Pureの日本仕様はシート高775mmのローダウン仕様だ。
2017TMCS
夏頃には販売開始!?R nineT Urban G/Sの実車も。展示車はクロススポークホイールを装着していた。
2017TMCS
オフ装備が充実したR1200GS Rallye(税込234万7000円~)。青いフレームと外装が印象的だ。
2017TMCS
外装が大幅に刷新されたK1600GT(税込300万円)。新たにバックギアが装備されたのが嬉しい。
2017TMCS
電動スクーターのC-Evolutionは5月12日から発売開始と発表された。価格は税込148万7500円。
2017TMCS
アップデートされたC650GT(税込119万9000円)。新装備はサイドビューアシストだ。
2017TMCS
サイドビューアシストの警告ランプ。車体4ヶ所に設置したセンサーで近接車両の有無を知らせてくれる。
2017TMCS
SHOEIとコラボした日本限定ヘルメットも発表された。ベースモデルは「J.O.」で全4色展開だ。
2017TMCS
BMW Motorradジャパンディレクターのリー氏も登壇。日本語でスピーチを行ってくれた。
2017TMCS
会場では、昭和女子大学とのコラボで誕生したC650スポーツのラッピングモデルも展示中。
2017TMCS
今回初来日となったコンセプトモデル、R5 Hommage(オマージュ)。大注目の1台だ。
2017TMCS
リビルドしたR5のエンジンにはスーパーチャージャーをセット。キャブはAMALの別体フロートだ。

(バイクブロス・マガジンズ編集部)

このページの一番上へ

サイトのトップページへ

このページの一番下へ

LINEで見る&読むBikeBros.最新モデル紹介から、バイクイベントやツーリングでのお役立ち情報
さらに、通販サイトのお得なキャンペーンまで配信中です。