【大阪MCショー2017出展速報】BMW Motorradブース

掲載日:2017年03月19日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
取材・文=バイクブロス・マガジンズ編集部 写真=木村圭吾


BMWモトラッドのブースでは、昨年の発表から販売開始が待たれる、BMW史上初の普通自動二輪免許で乗れるG310Rのほか、昨年末のEICMAで公表されたR nineTの派生モデルが早くも日本上陸、本邦初公開された。

また、LEGOテクニクス(ご存じレゴブロック)のR1200GSアドベンチャーや、昭和女子大学とのコラボレーション企画、カスタムビルダーの手によるG310Rカスタムなど、単なるモデルラインナップにとどまらない、多彩な展示となっている。

なかでも最も目を引くのがR5 Homage Concept(オマージュ・コンセプト)だ。往年の名車R5にスーパーチャージャーを搭載したコンセプトモデルが日本初上陸となっている。

OMSC2017BMW
白を基調としたBMWモトラッドブース。


OMSC2017BMW
R nineT Racer


OMSC2017BMW
R nineT Pure


OMSC2017BMW
G 310 R


OMSC2017BMW
C evolution(電動マキシスクーター)


OMSC2017BMW
R5 Homage Concept(オマージュ・コンセプト)


OMSC2017BMW
R5 Homage Concept(オマージュ・コンセプト)/エンジン


OMSC2017BMW
LEGOとBMWモトラッドとのコラボ商品「レゴ テクニック BMW R 1200 GS アドベンチャー 」


OMSC2017BMW
日本のカスタムビルダー、ウェッジモーターサイクルが手掛けたG310Rカスタム


OMSC2017BMW
昭和女子大学との産学協同プロジェクトによるラッピングスクーター(ベースはC650SPORT)

過去の関連ニュース

あらゆる事柄をライダーにリサーチ

よく読まれているニュース

トピックスの新着ニュース

ニュースのカテゴリ一覧