【ヤマハ】スポーティーな走りが身上!原付二種スクーター「NMAX ABS」に新色を追加し6/28に発売

掲載日: 2019年06月06日(木) 更新日: 2019年06月06日(木)

ヤマハは原付二種スクーター「NMAX ABS」に新色を追加し2019年6月28日(金)に発売する。

同車両はスポーツスクーター「TMAX」や「XMAX」のイメージを踏襲したモデルとなっており、BLUE CORE(ブルーコア)思想に基づくエンジンと、ねじれ剛性の高いフレームによるスポーティーな走りが特徴だ。今回発表された新色はホワイトメタリック6(ホワイト)、マットグレーメタリック3(マットグレー)の2色。以前より採用されていたビビッドパープリッシュブルーカクテル5(ブルー)は継続販売。価格は35万1,000円(税8%込み)となる。

市街地走行にフィットするスタイルと走りをコンパクトなボティに凝縮 原付二種スクーター「NMAX ABS」をカラーチェンジ

ヤマハ発動機株式会社は、水冷・4ストローク・SOHC・4バルブ・124cm3“BLUE CORE”※エンジンを搭載する原付二種スクーター「NMAX ABS」のカラーリングを変更し、6月28日より発売します。

「NMAX ABS」は、日本をはじめ世界各国で支持されている「TMAX」「XMAX」のDNAを受け継ぎ、斬新なスタイルとスポーティな走りといったMAXシリーズの特長をコンパクトなボディに凝縮し、通勤や街乗りなど、快適な移動を追求したコミューターです。

「マットグレーメタリック3」と「ホワイトメタリック6」は、MAXシリーズを象徴するブーメラン形状のサイドカバーやホイールなどのコンポーネントをブラックに変更し、アクティブなシティコミューターを表現しました。高級感と遊び心を演出する「ビビッドパープリッシュブルーカクテル 5」は継続販売します。

なお、製造はグループ会社 PT. Yamaha Indonesia Motor Manufacturing(YIMM)が行います。

※ヤマハ発動機株式会社は、“走りの楽しさ”と“燃費・環境性能”の両立を高次元で具現化するエンジン設計思想として、2014年より“BLUE CORE(ブルーコア)”を掲げています。この思想は高効率燃焼、高い冷却性、ロス低減の3点にフォーカスして性能実現を図るもので、「NMAX ABS」のエンジンもこの“BLUE CORE”思想に基づき開発しました。商標登録第5676267号。

NMAX ABS/ホワイトメタリック6(ホワイト/新色)

NMAX ABS/マットグレーメタリック3(マットグレー/新色)

NMAX ABS/ビビッドパープリッシュブルーカクテル5(ブルー)

■名称/NMAX ABS
■メーカー希望小売価格/35万1,000円(税8%込み)
■カラー
・ホワイトメタリック6(ホワイト/新色)
・マットグレーメタリック3(マットグレー/新色)
・ビビッドパープリッシュブルーカクテル5(ブルー)継続販売
■発売日/2019年6月28日(金)
■販売計画(年間・国内)/4,000台
※メーカー希望小売価格(リサイクル費用含む)には、保険料、税金(除く消費税)、登録などに伴う諸費用は含まれていません。

お問い合わせ

ヤマハ発動機株式会社
TEL/0120-090-819

NMAX ABSのカタログページはこちら>>

リリース = ヤマハ発動機株式会社(2019年6月6日発行)

(バイクブロス・マガジンズ編集部)

このページの一番上へ

サイトのトップページへ

このページの一番下へ