【スズキ】走る、曲がる、止まるを高次元で!モトクロッサー「RM-Z250」がフルモデルチェンジして2/15に発売

掲載日: 2019年02月08日(金) 更新日: 2019年02月08日(金)

スズキのモトクロッサー「RM-Z250」が、フルモデルチェンジして2月15日(金)から販売を開始する。RM-Z250は外観を大きく変更しただけでなく、『The Winning Balance「走る、曲がる、止まる」の高次元でのバランス』をコンセプトに、ツインインジェクターの採用や
エキゾーストシステムの改良、ブレーキ性能の見直しなど、様々な点で旧モデルから進化。車体色はチャンピオンイエローNo.2の1色で、価格は76万1400円(税8%込み)となっている。

4ストローク 249cm3モトクロッサー「RM-Z250」をフルモデルチェンジして発売

スズキ株式会社は、モトクロッサー(モトクロス競技車両)の2019年モデルとして4ストローク249cm3「RM-Z250」をフルモデルチェンジして2019年2月15日より発売する。

【RM-Z250 の主な特長】
コンセプト:The Winning Balance「走る、曲がる、止まる」の高次元でのバランス。
・外観を全面刷新し、RM-Z450と同様にスズキ独自のクチバシをイメージさせる「Beak DNA」を継承。
・吸気ポート形状の見直しなどシリンダーヘッドの変更による出力の向上。
・ツインインジェクターを採用。
・エキゾーストシステムの改良。
・スズキ・ホールショット・アシスト・コントロール(S-HAC)※に新機能を追加。スタート待機中のエンジン回転数にリミッターを追加し、スタート前のライダーを強力にアシスト。
・フレーム、スイングアーム、フロントフォーク、エンジン搭載位置を見直し、コーナリング性能を向上。
・KYB製のコイルスプリングのフロントサスペンションを採用し、路面追従性、メンテナンス性を向上。
・リアサスペンションには軽量なスプリングを採用。レバー比も変更しトラクションを向上。
・フロントディスク径250mm→270mmに変更及びブレーキパッド素材の見直しによるブレーキ性能の向上。
・新型タイヤDUNLOP GEOMAX MX33の採用
※スズキ・ホールショット・アシスト・コントロール(S-HAC)/スタート状況に応じたモードスイッチの選択により、ホールショット獲得及びスタート後のトップ走行を狙いとした機構。A/B/オフの3つのモードから選択が可能。さらにスタートからその後の状況を3つに分解し、各々の段階において最適化を実現した。

RM-Z250/チャンピオンイエローNo.2

■商品名/RM-Z250(RM-Z250L9)
■メーカー希望小売価格(消費税8%込み)/76万1400円(消費税抜き 70万5000円)
■カラー/チャンピオンイエローNo.2(YU1)
■発売日/2019年2月15日

[ お問い合わせ ]
スズキ株式会社 お客様相談室
TEL/0120-402-253

RM-Z250のカタログページはコチラ>>

リリース = スズキ株式会社

(バイクブロス・マガジンズ編集部)

このページの一番上へ

サイトのトップページへ

このページの一番下へ