ヤマハからカラー&グラフィックを変更した「MT-03」「MT-25」の2019年モデルが3/1発売へ

掲載日: 2019年02月07日(木) 更新日: 2019年02月07日(木)

ヤマハが2019年モデルとして、カラー&グラフィックを変更した「MT-03」と「MT-25」を2019年3月1日(金)に発売する。2019年モデルでは、新色「マットライトグレーメタリック4」、「ディープパープリッシュブルーメタリックC」の2色のカラーリング&グラフィック、2色のホイールカラーを新たに採用、上位機種とのつながりをより明確にするカラーバリエーションとし、継続色の「マットブラック2」と合わせて全3色展開となる。価格は「MT-03」が56万7000円、「MT-25」が53万4600円だ(どちらも税8%込み)。

「MT-03」「MT-25」 2019年カラーを発売

鮮やかな“バーミリオン”、スポーティな“ブルー”のカラーホイールを採用

ヤマハ発動機株式会社は、水冷・直列2 気筒320cm3 エンジンを搭載する「MT-03」および、水冷・直列2気筒249cm3エンジンを搭載する「MT-25」のカラーリングとグラフィックを変更し、2019年カラーとして3月1日より発売します。

 

MT-03(マットライトグレーメタリック4)

「MT-03」「MT-25」は、シャープで躍動感あるスタイリングと軽快な走りを兼ね備えた“MTシリーズ”のエントリーモデルとして、若年層を中心に高い人気を得ています。「MT-03」「MT-25」は2色の新色を含む、それぞれ共通の3色を設定。「マットライトグレーメタリッ
ク4」は機能性を強調するマットライトグレーを採用しました。さらにアクセントとしてホイールとグラフィックに鮮やかなバーミリオン(朱色)を配し、アグレッシブさを強調しています。「ディープパープリッシュブルーメタリックC」はホイールやタンクカバーにブルーを配し、ブラックとの組み合わせによりスポーティでクールなスタイルを表現しています。また、従来カラー「マットブラック2」のモデルは継続して販売します。製造は当社のグループ会社PT. Yamaha Indonesia Motor Manufacturing (YIMM)が行います。

■名称/MT-03
■カラー/マットライトグレーメタリック4(マットライトグレー/新色)、ディープパープリッシュブルーメタリックC(ブルー/新色)、マットブラック2(マットブラック)
■発売日/2019年3月1日
■メーカー希望小売価格/56万7000円(税8%込み)

【MT-03(マットライトグレーメタリック4)】

 

【MT-03(ディープパープリッシュブルーメタリックC)】

 

■名称/MT-25
■カラー/マットライトグレーメタリック4(マットライトグレー/新色)、ディープパープリッシュブルーメタリックC(ブルー/新色)、マットブラック2(マットブラック)
■発売日/2019年3月1日
■メーカー希望小売価格/53万4600円(税8%込み)

 

【MT-25(マットライトグレーメタリック4)】

 

【MT-25(ディープパープリッシュブルーメタリックC)】

 

[ お問い合わせ ]
カスタマーコミュニケーションセンター
TEL/0120-090-819

リリース=ヤマハ発動機株式会社

>>MT-03のカタログページはコチラ
>>MT-25のカタログページはコチラ

(バイクブロス・マガジンズ編集部)

このページの一番上へ

サイトのトップページへ

このページの一番下へ