【ヤマハ】好みに合わせて選べる5色がラインナップ!「AXIS Z」に2019年カラーが追加

掲載日: 2019年02月05日(火) 更新日: 2019年02月05日(火)

ヤマハは、走りの楽しさと燃費・環境性能の両立を果たしたBLUE COREエンジンを搭載する125ccスクーター「AXIS Z(アクシスゼット)」に2019年カラーを追加し2月25日(月)から販売する。追加されるのは、マットダルパープリッシュブルーメタリック2、マットダークブルーイッシュグレーメタリック3、ダークグレーイッシュマゼンタメタリック1、ブラックメタリック Xの4色で、既存のホワイトメタリック 1と合わせて5色展開となる。価格は24万3000円(税8%込み)。

ライフスタイルに合わせて選べる全5色を設定「AXIS Z」2019年カラーを発売

ヤマハ発動機株式会社は、124cm3“BLUE CORE”※1 エンジンをコンパクトなボディに搭載し、実用性と快適な乗り心地を兼ね備えたスクーター「AXIS Z(アクシスゼット)」のカラーリング設定を変更し、2019年カラーとして2月25日より発売します。

今回の新色は、「マットダルパープリッシュブルーメタリック2」と「マットダークブルーイッシュグレーメタリック3」、「ダークグレーイッシュマゼンタメタリック1」、「ブラックメタリック X」の4色です。従来カラー「ホワイトメタリック 1」は継続し、ライフスタイルに合わせて選べる全5色を設定しています。

AXIS Z/マットダルパープリッシュブルーメタリック2

“ヤマハ 125ccスクータートップの低燃費54.6km/L(WMTC モード値※2)”や“扱いやすい軽量ボディ”、“大容量約37.5Lのシート下トランク”などの特長は、現行モデルから継続しています。なお、本製品の製造はヤマハモーター台湾で行います。

※1 当社は、“走りの楽しさ”と“燃費・環境性能”の両立を高次元で具現化するエンジン設計思想として、2014年より“BLUE CORE(ブルーコア)”を掲げています。この思想は高効率燃焼、高い冷却性、ロス低減の3点にフォーカスして性能実現を図るもので、「アクシス Z」
のエンジンもこの“BLUE CORE”思想に基づき開発しました。商標登録第 5676267号
※2 WMTC モード:発進、加速、停止などを含んだ国際基準となっている走行モードで測定された排出ガス試験結果からの計算値。数値は2019年2月現在

AXIS Z/マットダルパープリッシュブルーメタリック2

■販売計画/9000台(シリーズ合計/年間、国内)
■名称/AXIS Z
■カラー
・マットダルパープリッシュブルーメタリック2(マットブルー/新色)
・マットダークブルーイッシュグレーメタリック3(マットダークグレー/新色)
・ダークグレーイッシュマゼンタメタリック1(パープル/新色)
・ブラックメタリック X(ブラック/新色)
・ホワイトメタリック1(ホワイト/継続販売)
■発売日/2019年2月25日 ※ホワイトメタリック1(ホワイト)は継続販売
■メーカー希望小売価格/24万3000円(本体価格 22万5000円/消費税 1万8000円)
※メーカー希望小売価格(リサイクル費用含む)には、保険料、税金(除く消費税)、登録などに伴う諸費用は含まれていません。

AXIS Z/マットダークブルーイッシュグレーメタリック3

AXIS Z/マットダルパープリッシュブルーメタリック2

AXIS Z/ダークグレーイッシュマゼンタメタリック1

AXIS Z/ブラックメタリック X

AXIS Z/ホワイトメタリック1

[ お問い合わせ ]
カスタマーコミュニケーションセンター
TEL/0120-090-819

>>AXIS Zのカタログページはコチラ

リリース = ヤマハ発動機株式会社

 

(バイクブロス・マガジンズ編集部)

このページの一番上へ

サイトのトップページへ

このページの一番下へ