【ホンダ】ダカールラリー参戦マシンカラーも!「CRF250 RALLY」「CRF250L」のカラーリングを変更して発売

掲載日: 2019年02月04日(月) 更新日: 2019年02月04日(月)

ホンダは2019年モデルとして、トレールモデル「CRF250L」を2019年2月15日(金)に、アドベンチャーモデル「CRF250 RALLY」を同年3月26日(火)に発売する。

どちらも主な変更点はカラー変更のみで、「CRF250L」は「CRF450R」をイメージしたブラックのホイールリムを採用、ヘッドライトカウルをボディカラーと同色とし、カラーはエクストリームレッドとブラックの全2色で価格は49万7880円(税8%込み)だ。「CRF250 RALLY」は、ダカールラリー参戦マシン「CRF450 RALLY」をイメージしたカラーリングを採用、カラーはエクストリームレッドとブラックの全2色を設定し、価格は70万2000円(税8%込み)となっている。また、両モデルとも、スタンダードモデルからシート高を65mmダウンした設定のType LDが用意されている。

「CRF250 RALLY」「CRF250L」のカラーリングを変更し発売

Hondaは、力強く扱いやすい出力特性の水冷・4ストローク・DOHC・単気筒249ccエンジンを搭載したアドベンチャーモデル「CRF250 RALLY」「CRF250L」のカラーリングを変更し、CRF250Lは2月15日(金)に、CRF250 RALLYは3月26日(火)に発売します。

今回、CRF250 RALLYには、最新のダカールラリー参戦マシン「CRF450 RALLY」のイメージを踏襲するカラーリングを採用するとともに、フロントフォークのカラーをブロンズに変更。カラーバリエーションを、アグレッシブな印象のエクストリームレッドと精悍な印象のブラックの全2色としました。

CRF250 RALLY(エクストリームレッド)

 

CRF250 RALLY Type LD(エクストリームレッド)

 

CRF250 RALLY(ブラック)

 

CRF250 RALLY Type LD(ブラック)

また、CRF250Lは、最新のモトクロスマシン「CRF450R」のイメージを踏襲し、ホイールリムのカラーをブラックに変更。フロントフォークをブロンズとし、トップブリッジ、ボトムブリッジ、ハンドルホルダーをブラック、ヘッドライトカウルを主体色と同色としています。カラーバリエーションは、レースイメージのエクストリームレッドと精悍な印象のブラックの全2色としました。なお、CRF250 RALLY、CRF250Lともに、前・後サスペンションを変更することで、シート高をCRF250 RALLYでは65mm、CRF250Lでは45mm低くし、足つき性を向上させたType LDをタイプ設定しています。

CRF250L (エクストリームレッド)

CRF250L (エクストリームレッド)

CRF250L Type LD (エクストリームレッド)

CRF250L (ブラック)

CRF250L Type LD(ブラック)

■販売計画台数(国内・年間)
CRF250 RALLY/900台
CRF250 L/700台
■メーカー希望小売価格
CRF250RALLY/70万2000円(税8%込み)
CRF250RALLY Type LD/70万2000円(税8%込み)
CRF250L/49万7880円(税8%込み)
CRF250L Type LD/49万7880円(税8%込み)

※価格(リサイクル費用を含む)には保険料・税金(消費税を除く)・登録などに伴う諸費用は含まれておりません。

 

[ お問い合わせ ]
本田技研工業株式会社
お客様相談センター
TEL/0120-086-819

>>CRF250ラリーのカタログページはコチラ
>>CRF250 Lのカタログページはコチラ

リリース = 本田技研工業株式会社

(バイクブロス・マガジンズ編集部)

このページの一番上へ

サイトのトップページへ

このページの一番下へ