【ヤマハ】クラスを超えたマッシブなフォルム!インドでの販売拡大を狙う 「FZ-FI」「FZS-FI」2019年モデルを同国で発売

掲載日: 2019年01月22日(火) 更新日: 2019年01月22日(火)
カテゴリー: 車両情報  タグ: ,  

インドで製造・販売されているヤマハのスポーツネイキッドモデル「FZ-FI」および「FZS-FI」の2019年モデルが1月下旬より同国で発売される。排気量149ccの空冷4ストローク単気筒SOHC2バルブエンジンを搭載した「FZ-FI」および「FZS-FI」はマッシブなフォルムが最大の特徴で、その開発コンセプトは「力強く、街中を駆け抜けるUrban Fighter」となっている。迫力のスタイリングは排気量149ccの車両とは思えないものだ。

上級モデルの「FZS-FI」はメッキ処理が施されたエアインテークやアンダーカウルを装備し、高級感とさらなる力強さが演出されている。

インドでのスポーツモデル販売拡大を狙う基幹モデル
「FZ-FI」2019年モデルをインドで発売

ヤマハ発動機株式会社は、近年のFZシリーズに共通する筋肉質な造形デザインと快適な走りを支える新たなフィーチャーを織り込んだ、149cm3“BLUE CORE”※1 エンジン搭載スポーツモデル「FZ-FI」の2019年モデルを1月下旬よりインドで発売します。

「FZ-FI」は、スタイルや男らしさにこだわるインドの20代男性を主なターゲットに“力強く、街中を駆け抜けるUrban Fighter”をコンセプトとして開発しました。主な特長は、1)FZシリーズの力強さを継承しながら、フロント周りとタンクおよびエンジンが一体に大きく見える新スタイル、2)リラックスしたライディングポジションに繋がる車体デザイン、3)タンデムライダーの快適性にも配慮するダブルシートとグラブバー、4)加速感に磨きをかけたエンジンセッティング、5)ABS-1ch採用のフロントブレーキなどです。また、上級仕様の「FZS-FI」は、アンダーカウルを装備し、メッキ加工を施したエアインテーク造形などを採用しています。

FZ-FI/Black Metallic

FZS-FI/MatDark PurplishBlue Metallic

インド市場は、当社が掲げる中期経営計画において重点市場の1つと位置付けており、2021年までにインドにおける当社販売台数は、120万台を目指しています。(2018年実績見通し約78万台)

なお、製造・販売はインドの当社グループ会社 India Yamaha Motor Pvt. Ltd. が行います。

※1 当社は、“走りの楽しさ”と“燃費・環境性能”の両立を高次元で具現化するエンジン設計思想として、2014年より“BLUE CORE(ブルーコア)”を掲げています。この思想は高効率燃焼、高い冷却性、ロス低減の3点にフォーカスして性能実現を図るもので、「FZ-FI」
「FZS-FI」のエンジンもこの“BLUE CORE”思想に基づき開発しました。
商標登録第5676267号

FZ-FI/Black Metallic

FZS-FI/Mat Black

■販売計画/30万台(発売から1年間、インド国内)

■名称/「FZ-FI」
■発売月/2019年1月
■メーカー希望小売価格(デリー店頭価格)/95,000 インド・ルピー

■名称/「FZS-FI」
■発売月//2019年1月
■メーカー希望小売価格(デリー店頭価格)/97,000 インド・ルピー

[ お問い合わせ ]
カスタマーコミュニケーションセンター
TEL/0120-090-819

>>「FZ-FI」のカタログページはこちら
>>「FZS-FI」のカタログページはこちら

リリース = ヤマハ発動機株式会社

(バイクブロス・マガジンズ編集部)

このページの一番上へ

サイトのトップページへ

このページの一番下へ