【ホンダ】CB400スーパーフォア/スーパーボルドールに新色追加!さらにスーパーボルドールにはETC2.0車載器が標準装備され11/26から販売

掲載日: 2018年11月19日(月) 更新日: 2018年11月16日(金)

ホンダは、ABSを標準装備した「CB400 SUPER FOUR(スーパーフォア)」と、ABSやスポーツグリップヒーター、ETC2.0車載器を標準搭載した「CB400 SUPER BOL D’OR(スーパーボルドール)」を2018年11月26日(月)から発売する。

新たに追加されたカラーバリエーションは、アトモスフィアブルーメタリックとダークネスブラックメタリックの2色で、キャンディークロモスフィアレッドは継続ラインナップとなる。価格はCB400スーパーフォアが80万4000円~、CB400スーパーボルドールが94万6000円~(どちらも税抜き)が設定されている。

「CB400 SUPER FOUR」と「CB400 SUPER BOL D’OR」のタイプ設定とカラーバリエーションを変更し ETC2.0車載器を搭載して発売

Hondaは、扱いやすい出力特性の水冷・4ストローク・DOHC・4バルブ・直列4気筒エンジンを搭載し、二輪車の持つ普遍的なデザインや端正な作り込みなどで好評のロングセラーロードスポーツモデル「CB400 SUPER FOUR」にABS(アンチロック・ブレーキ・システム※1)を標準装備し、防風効果の高いハーフカウルを装着した「CB400 SUPER BOL’DOR(スーバーボルドール)」には、ABSやスポーツグリップヒーター、各種サービスの拡大が期待できるETC2.0車載器(※2)を、標準装備した2タイプの設定とするとともに、両モデルのカラーバリエーションには「アトモスフィアブルーメタリック」と「ダークネスブラックメタリック」を新たに設定し、Honda Dreamより11月26日(月)に発売します。

CB400 SUPER BOL D’OR/アトモスフィアブルーメタリック

CB400 SUPER FOURとCB400 SUPER BOL D’ORは400ccクラスのロングセラーロードスポーツモデルとして、熟成と進化を続け、初めてスポーツバイクに乗るエントリーユーザからベテランユーザーまで、幅広い年代の方に好評をいただいているモデルです。

今回のカラーバリエーションは、CB400 SUPER FOURとCB400 SUPER BOL D’ORとも、躍動感あるホワイトとブルーを主体色にレッドのストライプを採用したアトモスフィアブルーメタリックと、重厚感のあるダークネスブラックメタリックを新たに設定。従来のキャンディークロモスフィアレッドと合せてそれぞれ3色設定としています。また、CB400 SUPER BOL D’ORに標準装備されるETC2.0車載器は、様々な情報提供などが予定されており、より充実したサービスの拡大が期待されています。

※1…ABSはライダーのブレーキ操作を補助するシステムです。ABS非装着車両と同様に、コーナー等の手前では十分な減速が必要であり、無理な運転までは対応できません。ABS作動時は、キックバック(揺り戻し)によってシステム作動を知らせます。
※2…ETC2.0を使用するにあたり、セットアップ、セットアップ費用および決済用のETCカードが必要となります。

CB400 SUPER FOUR/アトモスフィアブルーメタリック

CB400 SUPER FOUR/ダークネスブラックメタリック

■販売計画台数(国内・年間)/2400台

■商品名/CB400 SUPER FOUR
■カラー/(1)ダークネスブラックメタリック(2)キャンディークロモスフィアレッド、アトモスフィアブルーメタリック
■メーカー希望小売価格(税抜き)/(1)80万4000円(2)84万4000円

CB400 SUPER BOL D’OR/ダークネスブラックメタリック

■商品名/CB400 SUPER BOL D’OR
■カラー/(1)ダークネスブラックメタリック(2)キャンディークロモスフィアレッド、アトモスフィアブルーメタリック
■メーカー希望小売価格(税抜き)/(1)94万6000円(2)98万6000円

※価格(リサイクル費用を含む)には保険料・税金(消費税を除く)・登録などに伴う諸費用は含まれておりません

■主要諸元

CB400スーパーフォアのカタログページはコチラ>>
CB400スーパーボルドールのカタログページはコチラ>>

[ お問い合わせ ]
Hondaお客様相談センター
TEL/0120-086819

リリース = 本田技研工業株式会社

(バイクブロス・マガジンズ編集部)

このページの一番上へ

サイトのトップページへ

このページの一番下へ