【ホンダ】レーシーなストライプも追加!「CBR250RR」のカラーリングを変更し発売

掲載日: 2018年11月08日(木) 更新日: 2018年11月08日(木)

ホンダは250ccのスーパースポーツモデル「CBR250RR」のカラーリングを変更して発売する。

既存の「マットガンパウダーブラックメタリック」と「パールグレアホワイト」は部分的に配色が変更されたほか、鮮やかな「グランプリレッド」とレーシーな雰囲気が漂う「グランプリレッド(ストライプ)」が新たに追加され、全4色のカラーバリエーションとなる。

「グランプリレッド(ストライプ)」は2018年12月14日(金)に、それ以外の3色は11月22日(木)に発売予定だ。

軽二輪スーパースポーツモデル「CBR250RR」のカラーリングを変更し発売

Hondaは、水冷・4ストローク・DOHC・4バルブ・直列2気筒250ccエンジンを搭載した軽二輪スーパースポーツモデル「CBR250RR」のカラーリングを変更し、「グランプリレッド」、「マットガンパウダーブラックメタリック」、「パールグレアホワイト」は2018年11月22日(木)に、「グランプリレッド(ストライプ)」は12月14日(金)に発売します。

今回、CBR250RRの先鋭的なスタイリングをより際立たせるカラーリングとして、新色のグランプリレッドにくわえ、現行色のマットガンパウダーブラックメタリックのストライプデザインとパールグレアホワイトのアンダーカウルのカラーをグレーからブラックに変更。また、鮮やかなレッドに躍動感のあるストライプを組み合わせることでレーシングイメージをより高めたグランプリレッド(ストライプ)を新たに採用し、全4色のカラーバリエーションとしています。

CBR250RRは、低中回転域での力強さとスーパースポーツならではの高回転域までシャープに吹けあがる出力特性を高次元で両立させたエンジンや、スロットルグリップの開度を電気信号で伝達し、上質で鋭い加速フィーリングを実現する「スロットル・バイ・ワイヤシステム」を採用。3種類のライディングモードの設定により、ライダーの好みに合った出力特性の選択を可能にしています。また、剛性としなやかさを両立させた鋼管トラス構造フレームに、フロントには倒立タイプのサスペンションを、リアには左右非対称形状のアルミ製スイングアームと路面追従性に優れたプロリンクサスペンションを組み合わせて採用するなど、卓越した動力性能を余すことなく引き出せる操縦性を実現したスーパースポーツモデルとして、若年層を中心とした幅広い層のお客様にご好評をいただいています。

■販売計画台数(国内・年間)/3600台

CBR250RR<ABS>グランプリレッド(ストライプ)

■商品名/(1)CBR250RR(2)CBR250RR<ABS>
■カラー/グランプリレッド(ストライプ)
■メーカー希望小売価格/(1)73万円(2)77万7000円(共に税抜き)

CBR250RR<ABS>グランプリレッド

CBR250RR<ABS>パールグレアホワイト

CBR250RR<ABS>マットガンパウダーブラックメタリック

■商品名/CBR250RR<ABS>
■カラー
/グランプリレッド、マットガンパウダーブラックメタリック、パールグレアホワイト
■メーカー希望小売価格
/74万7000円(税抜き)

※価格(リサイクル費用を含む)には保険料・税金(消費税を除く)・登録などに伴う諸費用は含まれておりません

■主要諸元

CBR250RRのカタログページはコチラ>>

[ お問い合わせ ]
Hondaお客様相談センター
TEL/0120-086819

リリース = 本田技研工業株式会社

(バイクブロス・マガジンズ編集部)

この記事を読んでいる方におすすめの商品

このページの一番上へ

サイトのトップページへ

このページの一番下へ

LINEで見る&読むBikeBros.最新モデル紹介から、バイクイベントやツーリングでのお役立ち情報
さらに、通販サイトのお得なキャンペーンまで配信中です。