【ヤマハ】インドネシア市場にて125ccスクーター「Free Go(フリーゴー)」を発売!

掲載日: 2018年11月01日(木) 更新日: 2018年11月01日(木)

ヤマハは2018年11月からインドネシア市場において125ccスクーター「Free Go(フリーゴー)」を発売すると発表した。

搭載するエンジンは、走りの楽しさと燃費・環境性能を両立するBLUE COREエンジンで、発電ロスを抑えたスマート・モーター・ジェネレーターを採用。またシートは長さ720mmとし、その下の収納ボックスは容量約25Lを確保しており、居住性・積載性ともに優れている。

フリーゴーには標準モデルの他に、アイドリングストップ機構にスマートキーも備えた「Iバージョン」、ABSを搭載する「Aバージョン」がラインナップし、日本国内への導入については触れられていない。

エレガントなスタイルに実用性を兼ね備えたファミリー向けスクーター
「Free Go(フリーゴー)」をインドネシアで発売

ヤマハ発動機株式会社は、125cm3“BLUE CORE”(※1)エンジン搭載のスクーター「Free Go」を2018年11月からインドネシア市場で発売します。

「Free Go」は、“家族の快適をのせたファミリーコンパクト”をコンセプトに、エレガントなスタイリングと、使い勝手の良い実用機能をバランスさせたファミリー向けスクーターです。主な特徴は、1)軽量・低振動で快適な走りに貢献する“BLUE CORE”エンジン、2)始動用動力と発電を兼ね、静かな始動性を実現するとともに発電ロスを低減するスマート・モーター・ジェネレーター、3)ゆとりのある長さ720mmの居住性の高いシート、4)シート開閉の手間を省くフロント給油口、5)積載性に優れた大容量(約25L)のシート下収納ボックス、6)上質感と先進性を合わせもつ液晶メーターなどです。

なお、標準モデルに加え、ストップ&スタートシステム(※2)やスマートキーを採用した「Iバージョン」、ABSを搭載した「Aバージョン」を設定しました。インドネシアの二輪車市場は年間580万台規模(※3)で推移しており、そのうちスクーター市場は年間480万台(※4)規模です。市場価格帯によりベーシック、スタンダード、プレミアムと3つのセグメントに大別する中で、「Free Go」はベーシックからステップアップを図るお父さん世代をターゲットに開発しました。ファミリーで過ごす素敵な時間を演出する頼れるスクーターとして、家族を大切にするお父さんのニーズに応えます。
なお、製造・販売はグループ会社のYIMM(PT. Yamaha Indonesia Motor Manufacturing)が行います。

※1 当社は、”走りの楽しさ”と”燃費・環境性能”の両立を高次元で具現化するエンジン設計思想として、2014年より“BLUE CORE(ブルーコア)”を掲げています。この思想は高効率燃焼、高い冷却性、ロス低減の3点にフォーカスして性能実現を図るもので、「Free Go」のエンジンもこの“BLUE CORE”思想に基づき開発しました。商標登録第5676267号
※2 ストップ&スタートシステム:当社におけるアイドリングストップ機構の名称
※3 ※4 2017年当地業界団体調べ

【「Free Go S」(インドネシア仕様)】

■名称/「Free Go」(LTK125)
■メーカー希望小売価格/18,500,000ルピア
■名称/「Free Go S」(LTK125-I)
■メーカー希望小売価格/19,700,000ルピア
■名称/「Free Go S」(LTK125-A)
■メーカー希望小売価格/22,500,000ルピア
※ジャカルタ店頭価格

■発売月/2018年11月
■販売計画/10万台(発売から1年間、インドネシア国内)

 

 

[ お問い合わせ ]
カスタマーコミュニケーションセンター
TEL/0120-090-819

>>Free Go(フリーゴー)のカタログページはこちら

リリース = ヤマハ発動機株式会社

(バイクブロス・マガジンズ編集部)

この記事を読んでいる方におすすめの商品

このページの一番上へ

サイトのトップページへ

このページの一番下へ

LINEで見る&読むBikeBros.最新モデル紹介から、バイクイベントやツーリングでのお役立ち情報
さらに、通販サイトのお得なキャンペーンまで配信中です。