【カワサキ】2019年モデルの「Z1000」が12/1に登場!

掲載日: 2018年11月01日(木) 更新日: 2018年11月01日(木)

カワサキが、2019年モデル「Z1000」を2018年12月1日(土)から販売開始する。人間工学に基づき設計されたライディングポジションは、攻撃的なイメージとコントロール性を上手く両立させており、 搭載される並列4気筒エンジンは最高出力104kW(10,000rpm時)、最大トルク111N・m(7,300rpm時)をマークする。従来モデルからはカラー&グラフィックの変更のみとなっており、価格は115万200円(税8%込み)だ。

Z1000発売のご案内

カワサキではストリートモデルZ1000を発売いたします。

【モデル情報】
■車名(通称名)/ Z1000
■マーケットコード/ ZR1000HKF
■型式/2BL-ZXT00W
■型式指定・認定番号/18551
■メーカー希望小売価格/115万200円(税8%込み)
■カラー(カラーコード)/ メタリックフラットスパークブラック×メタリックマットグラファイトグレー(BK1)
■発売予定日/2018年12月1日(土)
※当モデルは二輪車リサイクル対象車両です。価格には二輪車リサイクル費用が含まれます。
※価格には保険料、税金(消費税を除く)、登録等に伴う諸費用は含まれません。
※当モデルはABS装着車です。

【Z1000】
圧倒的な迫力を持つ「Sugomi」スタイリングと、スロットルを開けるほどに心が高鳴る「Sugomi」パフォーマンスを兼ね備えるZ1000。1,043cm3水冷4ストローク並列4気筒エンジンが放つパワーは、強力な加速と胸をすくようなエキゾーストノートを創出します。

サスペンションはフロントにSFF-BP(セパレートファンクションフォーク-ビッグピストン)、リアにホリゾンタルバックリンクリアサスペンションを採用することで、高い路面追従性能を獲得。また、人間工学に基づいたライディングポジションは、アグレッシブなイメージに貢献するとともに、高いコントロール性を実現。スロットルを開けた瞬間から感じる力強いトルクとキレのあるハンドリングによりスーパーネイキッドと呼ぶに相応しい優れた走行性能を誇っています。

■主な変更点
・カラー&グラフィックの変更

【主要諸元】
■全長x全幅x全高/2,050mm×790mm×1,055mm
■軸間距離/ 1,440mm
■最低地上高/125mm
■シート高/815mm
■キャスター/24°50′
■トレール/101mm
■エンジン種類・弁方式/水冷4ストローク並列4気筒/DOHC4バルブ
■総排気量/1,043cm3
■内径x行程/ 77.0mm×56.0mm
■圧縮比/11.8:1
■最高出力/ 104kW(141PS)/10,000rpm
■最大トルク/ 111N・m(11.3kgf・m)/7,300rpm
■始動方式/セルフスターター
■点火方式/バッテリ&コイル(トランジスタ点火)
■潤滑方式/ウェットサンプ
■エンジンオイル容量/4.0L
■燃料供給方式/フューエルインジェクション
■トランスミッション形式/常噛6段リターン
■クラッチ形式/湿式多板
■タイヤサイズ
前 120/70 ZR17M/C 58W
後 190/50 ZR17M/C 73W
■ブレーキ形式
前 デュアルディスク310mm(外径)
後 シングルディスク250mm(外径)
■車両重量/220kg
■燃料タンク容量/17L

[ お問い合わせ ]
カワサキモータースジャパン
お客様相談室
TEL/0120-400819

Z1000のカタログページはコチラ>>

リリース = 株式会社カワサキモータースジャパン

(バイクブロス・マガジンズ編集部)

このページの一番上へ

サイトのトップページへ

このページの一番下へ

LINEで見る&読むBikeBros.最新モデル紹介から、バイクイベントやツーリングでのお役立ち情報
さらに、通販サイトのお得なキャンペーンまで配信中です。