【カワサキ】排ガス規制ユーロ4に対応して帰ってきた!2019年モデル「Ninja ZX-6R ABS/ZX-6R」を発表

掲載日: 2018年10月12日(金) 更新日: 2018年10月12日(金)

 

カワサキが、2019年モデルとしてフルモデルチェンジを施した「Ninja ZX-6R ABS/Ninja ZX-6R」を2018年10月上旬から導入国で順次発売することを発表した。海外向けモデルとして発売されてきたNinja ZX-6Rは、欧州での排気ガス規制によって2017年に逆輸入車の販売が途絶えていたが、今回のフルモデルチェンジによりユーロ4規制に適合し、日本仕様(ETC2.0を標準装備)も設定された。

「Ninja ZX-6R ABS/Ninja ZX-6R」は、636cm3水冷4ストローク並列4気筒エンジンを搭載し、外観はNinjaシリーズ共通のデザインを取り入れながらも、新形状のサイレンサー&ヒールガード、クイックシフターや新型メーター、ブリヂストンS22タイヤを採用するなど、細部まで変更が施されている。また、ヘッドライト&テールランプにはLEDを採用し、夜間走行時の視認性の大幅な向上を実現している。

カラーは、ライムグリーン×エボニー×メタリックグラファイトグレー、メタリックスパークブラック×メタリックフラットスパークブラック、パールストームグレー×メタリックフラットスパークブラックの全3色で、導入国は欧州、アメリカ、カナダ、オーストラリア、日本、インドネシア、タイ、フィリピンなど。

デザインを一新し、サーキットから市街地まで幅広く走行性能を向上させた「Ninja ZX-6R ABS/Ninja ZX-6R」2019年モデルを新発売

川崎重工は、600ccクラスのスーパースポーツモデル「Ninja ZX-6R ABS/Ninja ZX-6R」をモデルチェンジし、2019年モデルとして新発売します。2018年10月上旬より導入国で順次発売します。

「Ninja ZX-6R」は、600ccクラスのスーパースポーツモデルが持つ楽しみと興奮を、幅広いライダーが体感できることを目的に開発したモデルです。一般的な同クラスのスーパースポーツモデルに比べ37cm3のアドバンテージを持つ636cm3エンジンは、全回転域で優れた性能を発揮します。シャーシは、ワインディングロードに焦点を当てたセッティングとしながらも、サーキットから高速道路、市街地までさまざまな走行シチュエーションに幅広く対応し、爽快なライディングを提供しています。

2019年モデルは、ギヤ比の変更により低速域でのパワーフィーリングを向上させました。また、従来モデルから装備されている「KTRC」※1、「KIBS」※2、パワーモードなどの高度なライダーサポート技術に加え、新たに「KQS」※3を装備することでクラッチ操作不要でシフトアップが可能となり、市街地やワインディングロードにおける一層のファンライディングを実現しています。

外観は、フロントカウルやテールカウルなどのデザインを一新し、「Ninja」シリーズ共通のデザインを取り入れながらも、一目で「Ninja ZX-6R」とわかる独自な存在感を放ちます。また、ヘッドライトとテールランプには新たにLEDを採用し、夜間走行時の視認性を高めるとともに高級感を演出しています。

※1Kawasaki TRaction Control(カワサキトラクションコントロール)
※2Kawasaki Intelligent anti-lock Brake System(カワサキインテリジェントアンチロックブレーキシステム)
※3 Kawasaki Quick Shifter(カワサキクイックシフター)

■商品名/Ninja ZX-6R ABS/Ninja ZX-6R
■発売開始予定/2018年10月上旬
■導入国/欧州、アメリカ、カナダ、オーストラリア、日本、インドネシア、タイ、フィリピン、その他
■カラー/ライムグリーン×エボニー×メタリックグラファイトグレー、メタリックスパークブラック×メタリックフラットスパークブラック、パールストームグレー×メタリックフラットスパークブラック

<従来モデルからの主な変更点>

■エンジン・車体

1.636cm3水冷4ストローク並列4気筒エンジン
一般的な600ccクラスのスーパースポーツモデルに比べ、より強力な低中回転域のトルクを実現。ストップ&ゴーの多い市街地でのライディングや、高速道路での追い越し加速など、日々のストリートライディングにおける扱いやすさを向上させています。さらに、従来モデルと同等のエンジン出力やトルクを維持しながらも、欧州の排出ガス規制であるユーロ4に対応しています。

2.低速域でのパワーフィーリングを向上
最終減速比を小さくすることで、低速回転域でのエンジンの力強さを強調しています。

3.ブリヂストン社製の最新タイヤ
ブリヂストン社の最新モデルである「BATTLAX HYPERSPORT S22」が、より軽快なハンドリングに貢献しています。

■デザイン・装備

1.デザインを一新したボディワーク
フロントカウルとテールカウルのデザインを一新。「Ninja」シリーズの持つパワフルかつセクシーなデザインテーマと、シャープでエッジの効いたボディラインを組み合わせ、一目で「Ninja ZX-6R」とわかる特徴的な外観を作り出しています。また、フロントカウルとスクリーンはスポーツライディングに適した優れた防風機能を備えています。

2.新形状のサイレンサー&ヒールガード
サイレンサーの外観を刷新。本体に新たな仕上げ処理を施し、新設計のエンドキャップを装備することでスポーティな外観に貢献しています。また、ヒールガードには新デザインを採用。「Ninja ZX-6R」の持つダイナミックなボディラインを際立たせています。

3.フィット感と足つきを向上させたフロントシート
前後の長さを短くすることで、ライダーとのフィット感を高めたフロントシートを採用。シート前部の幅を細く絞ることで足つきも向上させています。

4.ヘッドライト&テールランプにLEDを採用
ヘッドライトは、夜間走行時の視認性が大幅に向上。テールランプのデザインは、上位機種である「Ninja ZX-10R」を感じさせ、マシンのリヤエンドに洗練された高級感を与えます。

5.「KQS」(カワサキクイックシフター)の採用
クラッチ操作不要でシフトアップが可能になり、スポーツライディングの楽しさが向上します。

6.アクセサリーへの給電を容易にする電源供給ケーブル
フロントカウル内部に電源供給ケーブルを新設。電源を必要とするアクセサリーへ容易に給電することが可能です。

7.ETC2.0を標準装備(日本仕様)
日本仕様には、ETC2.0を標準装備しています。

Ninja ZX-6R ABS/Ninja ZX-6Rのカタログページはコチラ>>

[ お問い合わせ ]
カワサキモータースジャパン
お客様相談室
TEL/0120-400819

リリース=川崎重工業株式会社

(バイクブロス・マガジンズ編集部)

このページの一番上へ

サイトのトップページへ

このページの一番下へ