【カワサキ】2019年モデルとして『Z900RS』を7/1から発売

掲載日: 2018年05月31日(木) 更新日: 2018年05月31日(木)


キャンディトーンブラウン×キャンディトーンオレンジ(BN1)
(画像は2018年モデルのもの)

カワサキが、2019年モデルの『Z900RS 』を2018年7月1日(日)から発売する。低中速回転域での力強さと扱いやすさが特徴の948ccエンジンを搭載し、随所にZ1をモチーフにしたパーツを採用するなどレトロモダンな風合いを色濃く漂わせるレトロスポーツ。発売以来絶大な人気と注目を集め続けるZ900RSの2019年モデルだが、2018年モデルからの主な変更点はないという。カラーは2色を用意し、価格(税8%込み)はキャンディトーンブラウン×キャンディトーンオレンジが132万8400円、メタリックスパークブラックが129万6000円だ。

2019年モデル Z900RS 新発売のご案内

発表以来、高い人気を誇るレトロスポーツZ900RS。外観、性能はそのままに、早くも2019年モデルを新発売します。クラシカルな雰囲気を漂わせたスタイルに現代のクラフトマンシップを融合。始動した瞬間から乗り手を昂ぶらせるエキゾーストサウンド、滑らかに加速するエンジン特性、自然なハンドリングなど、すべてが感性とリンクするライディングフィールを提供します。外観はシンプルで洗練されたデザインを追及。Z1からインスピレーションを受けたティアドロップフューエルタンクやテールカウルをはじめ、ホイール、ボルト類に至るまでこだわりが随所に盛り込まれています。

エンジンはカワサキ伝統の並列4気筒を搭載。低中速回転域でのトルクを重視した特性でパワーと扱いやすさを高い次元で両立しています。エンジンカバーはすべてアルミダイキャスト製で高級感を演出。特有の光沢を放ち美しさを際立たせます。また、サスペンションには倒立フロントフォークとホリゾンタルバックリンクリヤサスペンションを装備。高いスポーツ性と快適性を獲得しています。

さらにライダーサポート技術、カワサキ・トラクション・コントロールやマルチファンクション液晶パネル、LEDヘッドライトなど先進のテクノロジーや高性能な装備を多数採用。ストリートを悠然と走るだけでも楽しく、ツーリングやスポーツ走行など、様々なシーンでそのレトロモダンな魅力を十分に感じる事が出来るモデルになっています。

■2018年モデルからの主な変更点
・主な変更点はありません。


メタリックスパークブラック(BK1)
(画像は2018年モデルのもの)

 ■車名/Z900RS
■モデルイヤー/2019
■発売予定日/2018年7月1日
■型式/2BL-ZR900C
■型式指定・認定番号/18724
■カラー(カラーコード)
(1)メタリックスパークブラック(BK1)
(2)キャンディトーンブラウン×キャンディトーンオレンジ(BN1)
■マーケットコード
(1)ZR900CKF(2)ZR900CKFB
■メーカー希望小売価格(税8%込み)
(1)129万6000円(2)132万8400円

※当モデルは二輪車リサイクル対象車両です。価格には二輪車リサイクル費用が含まれます。
※価格には保険料、税金(消費税を除く)、登録等に伴う諸費用は含まれません。
※当モデルはABS装着車です。2018年モデルよりABS装着車はモデル名称から”ABS”を除いて表記させていただきます。
※当モデルは二輪車ETC2.0セットアップ店のみ受注可能です。

[ お問い合わせ ]
カワサキモータースジャパン
お客様相談室
TEL/0120-400819

Z900RSのカタログページはコチラ>>

リリース = 株式会社カワサキモータースジャパン

(バイクブロス・マガジンズ編集部)

この記事を読んでいる方におすすめの商品

このページの一番上へ

サイトのトップページへ

このページの一番下へ