【ホンダ】CRF250 RALLYの2018年モデルが3/2にデビュー!

掲載日: 2018年02月22日(木) 更新日: 2018年02月22日(木)
ホンダは、ミドルクラスアドベンチャーモデル『CRF250 RALLY』の2018年モデルを2018年3月2日から販売開始する。

ABSがついたモデルはカラーに新しくブラックを追加し、レッドと併せた2色展開で価格は70万2000円(税込み)。ABSのないモデルは、レッドの1色のみで64万8000円(税込み)に設定されている。またそれぞれのバリエーションには、スタンダードモデルに比べて足つき性が向上した(シート高65mmダウン)Type LDも用意されている。

軽二輪アドベンチャーモデル「CRF250 RALLY<ABS>」に
ブラックのカラーリングを新たに追加し発売

Hondaは、水冷・4ストローク・DOHC・単気筒250ccエンジンを搭載し、大型スクリーンや大容量フューエルタンクなどを装備したアドベンチャーモデル「CRF250 RALLY<ABS>」に、ブラックのカラーリングを新たに追加し、3月2日(金)に発売します。

今回、CRF250 RALLY<ABS>とCRF250 RALLY Type LD<ABS>の車体色に、さまざまなシーンにマッチする精悍な印象のブラックを新たに採用。従来のアグレッシブな印象のエクストリームレッドと合わせ、全2色※1のカラーバリエーションとしました。

CRF250 RALLYは、ダカールラリー参戦マシンCRF450 RALLYを彷彿させるウインドプロテクション性能に優れた大型スクリーンや、エアマネージメントを考慮し設計された外装をはじめ、快適な高速巡航性能が求められるラリーマシンの開発思想を受け継いだモデルです。ロングストロークの前・後サスペンションを採用することで、未舗装路での走行も考慮するとともに、250ccクラスの枠を超えた存在感を演出。エンジンは、低回転域での力強いトルク特性と高回転域での伸びのある出力を両立する、扱いやすい特性のエンジンを搭載しています。ブレーキシステムには、急な路面変化によるタイヤロックを抑制するABS※2をタイプ設定。また、前・後サスペンションを変更し、シート高を65mm低くすることで足つき性を高めたType LDをタイプ設定しています。

※1CRF250 RALLY、CRF250 RALLY Type LDはエクストリームレッド1色の設定となります
※2ABSはライダーのブレーキ操作を補助するシステムです。ABSを装備していない車両と同様に、コーナーなどの手前では十分な減速が必要であり、無理な運転までは対応できません。ABS作動時は、キックバック(揺り戻し)によってシステム作動を知らせます。

■販売計画台数(国内・年間)シリーズ合計/900台
■メーカー希望小売価格(消費税8%込み)
CRF250 RALLY<ABS>、CRF250 RALLY Type LD<ABS>/70万2000円
・カラー/ブラック、エクストリームレッド
CRF250 RALLY、CRF250 RALLY Type LD/64万8000円
・カラー/エクストリームレッド
※価格(リサイクル費用を含む)には保険料・税金(消費税を除く)・登録などに伴う諸費用は含まれておりません

 

[ お問い合わせ ]
本田技研工業株式会社
お客様相談センター
TEL/0120-086-819

>>CRF250ラリーのカタログページはコチラ

リリース = 本田技研工業株式会社

(バイクブロス・マガジンズ編集部)

この記事を読んでいる方におすすめの商品

このページの一番上へ

サイトのトップページへ

このページの一番下へ

LINEで見る&読むBikeBros.最新モデル紹介から、バイクイベントやツーリングでのお役立ち情報
さらに、通販サイトのお得なキャンペーンまで配信中です。