バイク・オートバイ・モーターサイクル、原付&二輪車のあらゆる情報を発信するニュースサイトです。 | バイクニュース

このページの一番上へ

サイトのトップページへ

このページの一番下へ

イベント情報

キャンペーン情報

ブランドボイス

海外モデル『YZF-R1』『YZF-R1M』『YZF-R6』の2018年モデルをプレストが取り扱い決定

掲載日: 2018年01月16日(火) 更新日: 2018年01月18日(木)

リリース = 株式会社プレストコーポレーション

YZF-R1

ヤマハの海外モデルを取り扱うプレストコーポレーションが、スーパースポーツモデルである『YZF-R1/R1M』と『YZF-R6』の2018年モデルを取り扱いを開始すると発表した。

YZF-R1/R1Mの日本での発売は2018年6月を予定しており、R1の本体価格は2,100,000円、そしてR1Mは2,850,000円が設定される。

また2018年モデルのアップデート内容は新色追加のみに留まるYZF-R6は、南アフリカ仕様のブルーとブラックが2018年4月上旬から、またオーストラリア仕様のホワイトとマットグレーが5月下旬の販売開始を予定している。本体価格はどちらも1,450,000円 だ。

日々のバイクライフを彩るヤマハ
「YZF-R1」「YZF-R1M」「YZF-R6」の2018年モデルを
プレストコーポレーションが取り扱い決定!

株式会社プレストコーポレーションは、クロスプレーン型クランクシャフトを備えた998cm3の水冷・直列4気筒・エンジンを搭載したスーパースポーツのフラッグシップモデル「YZF-R1」と上級モデル「YZF-R1M」、排気量599cm3の水冷・直列4気筒・エンジンを搭載したスーパースポーツモデル「YZF-R6」の2018年モデルの取り扱いを決定いたしました。

【走行性能がさらに進化「YZF-R1」「YZF-R1M」】

YZF-R1/R1Mともに、2018年モデルではクラッチ操作なしでもシフトダウン可能なクイック・シフト・システム(QSS)を新たに採用。ダウンシフト対応に合わせてECUのマッピングも改良され、リフトコントロールの制御がより洗練されたものになりました。

YZF-R1Mは、OHLINS製電子制御サスペンションがアップデートされ、ブレーキ、コーナリング、加速とそれぞれの状況でのセットアップが可能となりました。

YZF-R1(ブルー)

【YZF-R1】
■カラー/DPBMC(ブルー)、MDNM6(ブラック)
■参考小売価格/2,268,000円(本体価格2,100,000円)
■仕向地/南アフリカ仕様
■発売日/2018年6月発売予定

【YZF-R1M】
■カラー/BWM2(シルバー)
■参考小売価格/3,078,000円(本体価格2,850,000円)
■仕向地/南アフリカ仕様
■発売日/2018年6月発売予定

YZF-R1

【新たなカラーリングを追加「YZF-R6」】

YZF-R6は、2017年に9年ぶりにモデルチェンジされ、高い走行性能と端正なデザインで人気のモデル。2018年モデルは、新色マットグレーを追加した計4色のカラーリングの輸入を決定し、あなたのバイクライフを彩ります。

YZF-R6(ブルー)

【YZF-R6】
■カラー/DPBMC(ブルー)、MDNM6(ブラック)
■参考小売価格/1,566,000円(本体価格1,450,000円)
■仕向地/南アフリカ仕様
■発売日/2018年4月上旬発売予定

【YZF-R6】
■カラー/BWP1(ホワイト)、MNM3(マットグレー)
■参考小売価格/1,566,000円(本体価格1,450,000円)
■仕向地/オーストラリア仕様
■発売日/2018年5月下旬発売予定

YZF-R6(ブラック)

※日本の環境基準に適合した仕様での販売となります。
※仕様変更などにより、写真や内容が一部実車と異なる場合がございます。
※輸入商品のため、発売日はあくまでも目安です。輸送等の事情により予告なく変更される場合がございます。
※参考小売価格(リサイクル費用含む)には、保険料、税金(除く消費税)、登録などに伴う諸費用は含まれていません。

>>YZF-R1のカタログページはコチラ >>YZF-R1Mのカタログページはコチラ >>YZF-R6のカタログページはコチラ

(バイクブロス・マガジンズ編集部)

Twitterで@BikeBrosMagazinをフォローしよう!

みんなと話題を共有しよう

この記事を読んでいる方におすすめの商品