バイク・オートバイ・モーターサイクル、原付&二輪車のあらゆる情報を発信するニュースサイトです。 | バイクニュース

このページの一番上へ

サイトのトップページへ

このページの一番下へ

イベント情報

ブランドボイス

編集部コラム

バイクブロス通販ブログ

CB1000Rネオスポーツカフェや、ビッグタンクのアフリカツインも登場!【EICMA2017/ホンダブース速報】

掲載日: 2017年11月08日(水) 更新日: 2017年11月08日(水)

写真/バイクブロス・マガジンズ編集部


東京モーターショーでコンセプトが展示されていたCB1000Rネオ・スポーツ・カフェの市販版がついにお披露目!

2017年11月6日からイタリア・ミラノでスタートしたEICMA2017(ミラノショー)。ホンダブースには最新ラインナップをはじめ、東京モーターショーでコンセプトモデルが展示されていたCB1000Rネオ・スポーツ・カフェの市販版をはじめ、ビッグタンクのアフリカツイン・アドベンチャー・スポーツや、コンセプトモデルの「CB4 Interceptor」も展示! 注目度の高いモデルをそろえ、ホンダブースはかなりの賑わいを見せていた。


360度見渡しても、コンセプトを忠実に再現している。


クラッチカバーには車名があしらわれている。エキパイの存在感もグッド!


特徴的な片持ちスイングアーム。スプロケ中心部のデザインもコンセプトそのまま。


こちらはコンセプトモデル同様のメタリックレッドの車両。


マットな質感のガンメタモデルも展示。タンクはかなりエッジの効いた形状。


メーターは液晶パネルで、走行モードは<SPORT><STANDARD><RAIN><USER>の4パターン。


こちらも大注目のアフリカツイン。今回はビッグタンクやロングスクリーンなど新装備を盛り込んだ「CRF1000L アフリカツイン アドベンチャー・スポーツ」がお披露目。


往年のアフリカツインを思わせるトリコロールがクール。


タンク容量は24Lに増加。よりロングライドが可能に。アフリカツイン30周年を記念するロゴもあしらわれている。


新カラー&グラフィックが精悍なフロント周り。サスペンションストロークも伸ばされ、よりオフ志向に。


こちらは年明けにスタートするダカールラリー2018用のワークスCRF450Rally。


「ネオ・スポーツ・カフェ」がコンセプトのCB4 Interceptor。低く構えたロケットカウルやシングルシートはまさにカフェレーサースタイル。Interceptorの名を持つモデルがついに復活となるのだろうか。


エキゾーストはテールカウルエンドに収まるRC213V的スタイル。かなり攻めたデザインだ。


片持ち式のスイングアームをはじめ、カウルからタンク、シートカウルまでアグレッシブなデザインが見どころ。短めのスクリーンもストリート感がある。


テールカウルの造形も非常に魅力的。また、セパハンは垂れ角少なめで開き気味にセットされている。


新型ゴールドウイングの欧州初公開ということもあり、ブースでは初代GL1000から歴代モデルがずらり。


ゴールドウイングといえば白、というイメージを持つ人も多いが、新型でもしっくりくる。


今年、不慮の事故で他界した故ニッキー・ヘイデンが駆ったSBKマシンも展示されていた。


こちらはカスタムコンセプトブースに展示されていた激しいカスタムが施されたレブル。逆サイドにはスケートボードがセットされていた。


イタリアのカスタムビルダー「South Garage」が製作したCB1100。欧州的ヘリテイジスタイルに仕上げられていた。


こちらはホンダブースの向かい、イタリアの有力ホンダディーラー「RedMoto」が展示していたアフリカツインのカスタムコンセプト「アフリカツイン・ラリー」。MT車とDCT車の2台をショーアップ。


車体すべてに手が入り、本格的なラリーレイドを見越した本気仕様のアフリカツインに生まれ変わっていた。

 

(バイクブロス・マガジンズ編集部)

Twitterで@BikeBrosMagazinをフォローしよう!

みんなと話題を共有しよう

この記事を読んでいる方におすすめの商品