バイク・オートバイ・モーターサイクル、原付&二輪車のあらゆる情報を発信するニュースサイトです。 | バイクニュース

このページの一番上へ

サイトのトップページへ

このページの一番下へ

イベント情報

ブランドボイス

編集部コラム

バイクブロス通販ブログ

【ホンダ】東京モーターショー2017の出展概要を発表

掲載日: 2017年09月29日(金) 更新日: 2017年09月29日(金)

リリース = 本田技研工業株式会社


Super Cub50

ホンダは、2017年10月27日(金)から東京ビッグサイトで開催される「東京モーターショー2017」の出展概要を発表した。「自分を、もっともっと連れ出すんだ。」をコンセプトに、ブースでは乗り物を通して拡がる人間の可能性、豊かな生活を提案する。世界初公開となるコンセプトモデルや市販車の「クロスカブ 110」をはじめ、多数の二輪車が展示予定。以下、二輪車の展示概要のみ抜粋して掲載。

「第45回東京モーターショー2017」
Hondaブース出展概要について

Hondaは、東京ビッグサイトで開催される「第45回東京モーターショー2017」(プレスデー:10月25日〜26日、一般公開日:10月27日〜11月5日)に、コンセプトモデルを含む四輪車・二輪車などを出展します。今回の出展では、”自分を、もっともっと連れ出すんだ。”をブースコンセプトに、モビリティーを通して拡がる人間の可能性、豊かな生活をHondaブース全体で提案します。

世界初公開となる「Honda Sports EV Concept(ホンダ・スポーツ・イーブイ・コンセプト)」をはじめとする多様な電動化モデルや、日本初公開となる新型「CR-V(シーアールブイ)」などグローバルで活躍するモデルを展示。また今年10月に生産累計1億台を迎えるスーパーカブの記念車など、約60年にわたるカブの歴史、現在、未来を伝えるカブワールドを展開します。モータースポーツゾーンでは実際のマシンに触れて乗ってモータースポーツを体感できる展示を、ブース中央にはお客様に憩い、集っていただけるウェルカムゾーンを設置しています。

なお東京モーターショー主催者テーマ展示の「TOKYO CONNECTED LAB 2017」では、”もっと、家族と一緒にいよう。”をコンセプトに、家族とのつながりにフォーカスした「Honda 家モビ Concept(ホンダ・イエモビ・コンセプト)」をはじめとするモビリティーを展示し、家族の生活の新しい可能性を提案します。


Super Cub 110

【二輪車】
Honda Riding Assist-e(ホンダ・ライディング・アシスト・イー)−ワールドプレミア−ヒューマノイドロボット研究で培ったHonda独自のバランス制御技術を二輪車に応用。極低速走行時にマシン自体がバランスを保つことで、ライダーの負荷を軽減。ライディングを気軽でより楽しいものにします。またパワートレインには電動モーターを採用。Hondaが目指す“自由で楽しい移動の喜び”や“カーボンフリー社会の実現”の具現化に向けた提案です。

<出展一覧>
(●は参考出品モデル、○は市販モデル、★はワールドプレミア、☆はジャパンプレミア)

■コンセプトモデル
●Honda Riding Assist-e(★)
●スーパーカブ110 1億台記念車(★)
●スーパーカブ C125(★)
●モンキー 125(★)

■市販予定モデル
●クロスカブ 110(★)
●CRF250 RALLY(☆)
●CB1300 SUPER BOL D’OR
●CB400 SUPER FOUR
●スーパーカブ 50
●スーパーカブ 110

市販モデル
○CRF1000L Africa Twin(DCT)
○CBR1000RR SP
○X-ADV
○CB1100 EX
○レブル250

カスタマイズコンセプトモデル
●CB1100 RS カスタマイズコンセプト(☆)
●CBR250RR カスタマイズコンセプト(☆)
●レブル250 カスタマイズコンセプト(☆)

レーシングマシン
●RC213V(2017年ロードレース世界選手権 MotoGPクラス出場車)
●CRF450RW(2017年全日本モトクロス選手権 IA-1クラス出場車)
●COTA4RT(2017年トライアル世界選手権 出場車)

ヒストリーモデル
●スーパーカブ C100(1958年)
●ホンダ CA100(1962年)
●ホンダ C310(1963年)
●スーパーカブC50(1966年)
●CT110(1981年)
●スーパーカブ50 スーパーカスタム(1983年)


・Honda Riding Assist-e
ヒューマノイドロボット研究で培った、Honda独自のバランス制御技術を二輪車に応用した実験車です。渋滞や信号での発信・停止時など、極低速走行時のバランスに気をつかう場面で、ロボティクス技術を活用したアシスト機構によりマシンのバランスを制御。マシン自体がバランスを保つことで、ライディングの楽しさを損なうことなく、ツーリングやモーターサイクルのある日常を、より気軽で楽しいものにします。また、パワートレインには、地球環境に優しいe-Driveを採用。Hondaが掲げる2030年ビジョンの『自由で楽しい移動の喜び』や、『カーボンフリー社会の実現』を具現化する、モーターサイクルの新たな楽しさの提案です。

(バイクブロス・マガジンズ編集部)

Twitterで@BikeBrosMagazinをフォローしよう!

みんなと話題を共有しよう

この記事を読んでいる方におすすめの商品