バイク・オートバイ・モーターサイクル、原付&二輪車のあらゆる情報を発信するニュースサイトです。 | バイクニュース

このページの一番上へ

サイトのトップページへ

このページの一番下へ

イベント情報

ブランドボイス

編集部コラム

バイクブロス通販ブログ

【MVアグスタ】3気筒3本出しを継承!F3 675とF3 800が2017/9から販売開始

掲載日: 2017年09月11日(月) 更新日: 2017年09月11日(月)

リリース = 株式会社 MV AGUSTA JAPAN

写真はF3 675/800 RCイメージ画像・レーシングKIT装着・本国仕様です。

MVアグスタから3気筒エンジンと3本出しマフラーを継承しながら、欧州の新排出ガス規制「Euro4」に対応した「F3 675」と「F3 800」が2017年9月から販売開始される。

F3 675のカラーラインナップはパールホワイトとレッド/アゴシルバー、マットメタリックアビオグレーで、F3 800はパールアイスホワイト/マットアビオグレー、レッド/アゴシルバー、マットメタリックブラックが設定され、カラーの異なる3色から選択が可能だ。

『F3 675/800』がEuro4対応へ。

各部ブラッシュアップ、進化するF3

■モデル名/MV AGUSTA『F3 675』『F3 800』(Euro4適合)
■発売時期/2017年9月予定

F3 675
■価格(税込み)/1,792,800円
■カラー/パールホワイト、レッド/アゴシルバー、マットメタリックアビオグレー

F3 800
■価格(税込み)/1,976,400円
■カラー/パールアイスホワイト/マットアビオグレー、レッド/アゴシルバー、マットメタリックブラック

1000ccクラスの高揚感、600ccクラスの軽快感。そして2気筒エンジンのトルク、4気筒エンジンの加速力……。イタリア製3気筒エンジンを搭載するMVアグスタF3 800は、そのすべてを併せ持ち、クラスの垣根を越えたライディングプレジャーを提供します。優れたハンドリング、先進のデバイス、そして108.8Kw<148hp>(※本国仕様)のパワーと88Nm(※本国使用)のトルクを発生させる798ccエンジン(F3 675は94.2Kw<128hp>、71Nm本国仕様675ccエンジン)。それを軽量な車体に搭載し、リッタークラスのスポーツバイクをも凌駕するパワーウエイトレシオを達成。イタリアンテクノロジーの真髄が注ぎ込まれたパワーユニット、ねじり剛性・縦剛性を向上させるなど高いポテンシャルを備えたシャシー。その完璧なバランスが、ミドルクラススーパースポーツの概念を、スーパーバイクレプリカにも引けをとらないレベルにまで高めています。MVアグスタF3 675・800は、その類まれなパフォーマンスで、ストリートでもサーキットでも、新たな次元の悦びを提供します。2017年モデルでは、Euro4仕様となり排気ガスを50%、騒音を48%削減したほか、各部をブラッシュアップしました。騒音は軽減しながらも『MV AGUSTA特有のサウンド』を強調する仕上がりとなっています。

■アップ・ダウン共にシフト可能となったEAS2.0オートシフターを採用

■本国オリジナル3本出しマフラーを採用

■エンジン変更点
NEW スプリングバルブ(信頼性向上)
NEW ギアボックス(作動性向上)
NEW カウンターシャフト(ノイズ・振動低減)
NEW クラッチ
NEW プライマリーギア(メカニカルノイズ低減)
NEW スターターシステム(信頼性向上)
NEW オイル&ウォーターポンプドライブギア
NEW バルブガイド素材変更(摩耗軽減、耐久性向上)
NEW ハーモニックダンパー導入(振動吸収、騒音軽減)
NEW ギアシフター・クラッチレバー操作比(シフト操作向上)
NEW スターターモーター(耐久性向上、再設計)

■電子制御変更点
NEW コントロールエンジンマネージメント(スムーズなエンジン特性、パワーデリバリー特性を実現)
NEW オートシフター(アップだけでなくダウンシフトにも対応)
NEW エンジンマップ(ライドバイワイヤーコントロール、EAS2.0 品質向上)

■シャシー変更点
NEW リアスプロケット(スムーズ、精密性向上)
NEW エンジン懸架(縦剛性向上)
NEW エキゾーストマニホールド(エンジンパフォーマンス向上)
NEW サイレンサーエキゾースト
NEW ロワーフェアリング(エンジンパフォーマンス向上)
NEW フットペグサポート
NEW フロント・リアホイール
NEW エンジンカバー(エンジン保護、メカニカルノイズ低減)

 

[ お問い合わせ ]
MV AGUSTA JAPAN
TEL/0538-23-0861

(バイクブロス・マガジンズ編集部)

Twitterで@BikeBrosMagazinをフォローしよう!

みんなと話題を共有しよう