バイク・オートバイ・モーターサイクル、原付&二輪車のあらゆる情報を発信するニュースサイトです。 | バイクニュース

このページの一番上へ

サイトのトップページへ

このページの一番下へ

イベント情報

ブランドボイス

編集部コラム

バイクブロス通販ブログ

【スズキ】タフな250ccアドベンチャーツアラー!新型「Vストローム250」が7/6から発売

掲載日: 2017年06月30日(金) 更新日: 2017年07月04日(火)

リリース = スズキ株式会社

 

スズキが、Vストロームシリーズのニューモデル「Vストローム250」を2017年7月6日(木)に発売する。低中速の扱いやすさを重視した出力特性の248ccエンジンを搭載し、足つき性と取り回し性の良いシート高とサスペンションを採用している。車体色は、パールネブラーブラック×ソリッドダズリンクールイエロー、ダイヤモンドレッドメタリック、パールネブラーブラックの3色から選ぶことができる。価格は、570,240円(税8%込み)。

スズキ、V-Strom(ブイストローム)シリーズの
新型モデル「V-Strom250」を発売

スズキ株式会社は、街中から高速道路、山岳路まで、長距離ツーリングを快適に楽しむことができる、スポーツアドベンチャーツアラーのV-Strom(ブイストローム)シリーズに250ccの新型モデル「V-Strom250」を追加し、7月6日より発売する。

「V-Strom250」は、ツーリングでの快適性と日常的な扱いやすさを両立させ、幅広いユーザーのニーズに応えた、スポーツアドベンチャーツアラーのエントリーモデルである。エンジンは低中速の扱いやすさを重視した出力特性とし、車体には低いシート高や専用セッティングを施したサスペンションを 採用することで、良好な足つき性と取り回し性能を実現した。シリーズ共通イメージのスタイリングを採用し、ヘッドライトを中心にアウトドアギアのタフなイメージのデザインとした。

■商品名/V-Strom250
■エンジン/4サイクル248cm3
■メーカー希望小売価格/570,240円(税8%込み)
■発売日/2017年7月6日

パールネブラーブラック×ソリッドダズリンクールイエロー

パールネブラーブラック

ダイヤモンドレッドメタリック

【主な特長】
■エンジン・車体
・ 水冷2気筒248cm3エンジンは、フリクション低減や燃焼効率向上を図ることで、低中速の扱いやすさを重視した出力特性(最高出力18kW/8,000rpm、最大トルク22Nm/6,500rpm)と優れた 燃費性能(39.0km/L※)を実現。
・ 平成28年国内新排出ガス規制に対応。
・ アップハンドルによる前傾の少ない快適なライディングポジションと、800mmの低いシート高による良好な足つき性を実現。
・ 専用セッティングを施したフロントフォークと7段階調整式のリヤサスペンション。
※国土交通省届出値:定地燃費値(60km/h)2名乗車時。定地燃費値は、車速一定で走行した実測にもとづいた燃料消費率です。燃料消費率は、定められた試験条件のもとでの値です。お客様の使用環境(気象、渋滞等)や運転方法、車両状態(装備、仕様)や整備状態などの諸条件により異なります。
■デザイン
・ 1988年発売の野性的で力強いスポーツアドベンチャーツアラー「DR-BIG」のDNAを継承した、シリーズ共通イメージのスタイリング。
・ アウトドアギアの持つ、タフで力強いイメージでデザインしたヘッドライト。
・ 先進的なイメージを持たせた面発光LEDのリヤコンビネーションライト。
・ 車体色は、黒/黄「パールネブラーブラック×ソリッドダズリンクールイエロー」、赤「ダイヤモンドレッドメタリック」、黒「パールネブラーブラック」の3色を設定。
■装備
・ 黒基盤に白字を表示する視認性の高いネガ液晶を採用した、フルデジタル表示の多機能メーター。
1)任意に設定したエンジン回転数に到達するとランプの点灯/点滅でシフトチェンジのタイミングを知らせるRPMインジケーター
2)一目でギヤポジションがわかるギヤポジションインジケーター
3)切替式のオドメーター/ツイントリップメーター
4)ツーリングに便利な時計
・ 12Vのアクセサリーソケットを標準装備。
・ 高い防風性をもったコンパクトなウインドシールドと、長距離や寒冷時における快適性を向上させるナックルカバーを標準装備。
・ 前後輪に花弁形状のブレーキディスクとスポーティーな10本スポークの17インチアルミ製キャスト ホイールを採用。
・ 長距離の走行に安心な大容量17Lの燃料タンク。

[ お問い合わせ ]
スズキ株式会社
お客様相談室
TEL/0120-402-253

関連ページ

(バイクブロス・マガジンズ編集部)

Twitterで@BikeBrosMagazinをフォローしよう!

みんなと話題を共有しよう