バイク・オートバイ・モーターサイクル、原付&二輪車のあらゆる情報を発信するニュースサイトです。 | バイクニュース

このページの一番上へ

サイトのトップページへ

このページの一番下へ

イベント情報

ブランドボイス

編集部コラム

バイクブロス通販ブログ

【カワサキ】2018年型Z650が登場!8/1から販売開始

掲載日: 2017年06月29日(木) 更新日: 2017年06月29日(木)

リリース = 株式会社カワサキモータースジャパン

カワサキは、ネイキッドモデルZ650の2018年モデルを2017年8月1日(火)から販売を開始する。カラーラインナップには黄色が特徴的な「パールシャイニングイエロー×メタリックフラットスパークブラック」と、グリーンフレームをブラックの外装が覆う「メタリックスパークブラック×メタリックフラットスパークブラック」の2色が用意され、希望小売価格は786,240円(税込み)。

2018年モデルZ650新発売のご案内

カワサキではストリートモデルZ650を、2018年モデルとして 新発売いたします。

■車名(通称名)/Z650
■モデルイヤー/2018
■マーケットコード/ER650HJF
■型式/2BL-ER650H
■型式指定・認定番号/18550
■メーカー希望小売価格(税込み)/786,240円
■カラー(カラーコード)/メタリックスパークブラック×メタリックフラットスパークブラック(BK1)、パールシャイニングイエロー×メタリックフラットスパークブラック(YL1)
■発売予定日/2017年8月1日(火)
※当モデルは二輪車リサイクル対象車両です。価格には二輪車リサイクル費用が含まれます。
※価格には保険料、税金(消費税を除く)、登録等に伴う諸費用は含まれません。
※当モデルは川崎重工業株式会社の海外工場Kawasaki Motors Enterprise(Thailand)Co.,Ltd(KMT)で日本向けに生産された車両です。
※当モデルは二輪車ETCセットアップ店のみ発注可能です。

【Z650】
気軽に乗れる扱い易さと優れたスポーツ性能を両立したライトウェイトスーパーネイキッドZ650。軽量でスリムなフレームは軽快なハンドリングに貢献。パワフルな649cm³パラレルツインエンジンは低中速回転域での豊かなトルクと高速回転域でのスムーズな吹け上がりを獲得しています。スーパーネイキッドZの誇る五感を刺激する乗り味、「Sugomi」パフォーマンスと先鋭的な車体形状の「Sugomi」デザインを継承。エキサイティングでありながら親しみ易さも加味したパッケージがライダーを魅了します。

■2017年モデルからの主な変更点
・カラー&グラフィックの変更
■その他
・実際のモデルにはリヤフェンダーにリフレクターは装着されておりません。
・当モデルはABS装着車です。

【主要諸元】

■マーケットコード/ER650HJF
■型式/2BL-ER650H
■全長x全幅x全高/2,055mm×775mm×1,080mm
■軸間距離/1,410mm
■最低地上高/130mm
■シート高/790mm
■キャスター/24°00′
■トレール/100mm
■エンジン種類・弁方式/水冷並列2気筒DOHC4バルブ
■総排気量/649cm³
■内径x行程/83.0mm×60.0mm
■圧縮比/10.8:1
■最高出力/50kW(68PS)/8,000rpm
■最大トルク/65N・m(6.6kgf・m)/6,500rpm
■始動方式/セルフスターター
■点火方式/バッテリ&コイル(トランジスタ点火)
■潤滑方式/セミドライサンプ
■エンジンオイル容量/2.3L
■燃料供給方式/フューエルインジェクション
■トランスミッション形式/常噛6段リターン
■クラッチ形式/湿式多板
■タイヤサイズ
前 120/70 ZR17M/C 58W
後 160/60 ZR17M/C 69W
■ブレーキ形式
デュアルディスク300mm(外径)
シングルディスク220mm(外径)
■車両重量/187kg
■燃料タンク容量/15L
※1:燃料消費率は、定められた試験条件のもとでの値です。お客様の使用環境(気象、渋滞等)や運転方法、車両状態(装備、仕様)や整備状況などの諸条件により異なります。
※2:定地燃費値は、車速一定で走行した実測にもとづいた燃料消費率です。
※3:WMTCモード値とは、発進・加速・停止などを含んだ国際基準となっている走行モードで測定された排出ガス試験結果にもとづいた計算値です。走行モードのクラスは排気量と最高速度によって分類されます。
※改良のため、仕様および諸元は予告なく変更することがあります。

[ お問い合わせ ]
カワサキモータースジャパン
お客様相談室
TEL/0120-400819

(バイクブロス・マガジンズ編集部)

Twitterで@BikeBrosMagazinをフォローしよう!

みんなと話題を共有しよう