バイク・オートバイ・モーターサイクル、原付&二輪車のあらゆる情報を発信するニュースサイトです。 | バイクニュース

このページの一番上へ

サイトのトップページへ

このページの一番下へ

車両情報

イベント情報

ブランドボイス

バイクブロス通販ブログ

編集部コラム

【ドゥカティ】SBKオランダ・ラウンドでデイビスとメランドリが表彰台を獲得

掲載日: 2017年05月03日(水) 更新日: 2017年05月02日(火)

リリース = ドゥカティジャパン株式会社

ドゥカティが、TTサーキット・アッセンで開催された2017スーパーバイク世界選手権(SBK)第4戦オランダ・ラウンドにおいて、同チームのマルコ・メランドリ選手がレース1で3位を、チャズ・デイビス選手がレース2で3位を獲得したことを発表した。


Race1 Marco Melandri
以下リリースより
2017年5月1日

SBKオランダ・ラウンドのレース1で
メランドリが3位、レース2でデイビスが3位表彰台を獲得

2017スーパーバイク世界選手権(SBK)第4戦オランダ・ラウンドがTTサーキット・アッセンで開催され、Aruba.it Racing-Ducatiのチャズ・デイビスとマルコ・メランドリは、ともに1度ずつ表彰台に登壇した。レース1ではメランドリが、レース2ではデイビスが3位でチェッカーを受けた。

【レース1】
デイビスとメランドリは、それぞれ2番、5番グリッドからレース1に挑んだ。ともに力強いダッシュを決め、オープニングラップ終了時点でデイビスがトップ、メランドリは4位につけた。その後、デイビスはレースリーダーを務め、レイ(ジョナサン、カワサキ)とサイクス(トム、カワサキ)が追いかける展開となった。4番手のメランドリは徐々にトップグループから。残り3周、デイビスとレイがまたしてもスリリングなバトルを展開、何度も首位が入れ替わった。しかし、20周目にデイビスのマシンに電気系トラブルが発生し、リタイアを余儀なくされた。メランドリは一つポジションを上げて3位でフィニッシュラインを通過した。


Marco Melandri

■レース 1のコメント
・マルコ・メランドリ(Aruba.it Racing – Ducati スーパーバイク・チーム#33)– 3位
「今朝の段階では、まさか表彰台圏内でフィニッシュできるとは思わなかった。フリー走行第3セッションでも思うように走れなかったので、トップ5すら容易ではないと覚悟していた。だが、チームが素晴らしい仕事をしてくれたおかげで、スーパーポールではマシンフィールが戻ってきた。レース・スタート直後からかなり速く走れたが、トップ3について行けるほどではなかった。だからリスクを冒しすぎない戦術に切り替えた。チャズのリタイアは本当に気の毒だ。不運としか言いようがない。その一方で、自分のリザルトには満足している。明日はもっと上を狙いたい。アッセンは、これまでの3戦とはコンディションが違っていた。マシンが暴れて、レースディスタンスを通じてフロントを安定させられなかった。データを分析し直して、レース2に向けてもう一歩前進したい」

・チャズ・デイビス(Aruba.it Racing – Ducati スーパーバイク・チーム#7) – リタイア
「良いレースだった。レースリーダーとしてリズムに乗れたうえに、力強いペースで走行できた。特に序盤が良かった。まだしっくり来ないところがいくつかあったし、ミスはしたくなかったので終盤まで力を温存していた。だが、残念ながらゴール1周前に自らレースを終えてしまった。あの時点までどちらが勝つかまったくわからなかったが、最後まで見応えのあるバトルになるのは確実だった。明日までにほんの少しでいいから、ピンポイントの対策を採る必要がある。明日も優勝争いのバトルがしたい。そして、今日より1ラップ余計に走りたい」

・アーネスト・マリネッリ(スーパーバイク・プロジェクト・ディレクター)
「優勝争いをしていたチャズにあんなことが起こってしまって、本当にすまないと思っている。彼は素晴らしいレースをしていた。あれ以上のパフォーマンスはなかったと思う。彼だけでなく、チーム全員にとって大きな痛手だ。だが、すぐに対策を実施して、明日のレース2で巻き返す。一方、マルコの3位は嬉しい。フリー走行中に遭遇した問題を解決して、再び表彰台に登壇してくれた。ディテールの部分でやるべきことが残っている。明日のウォームアップ・セッションでしっかりとマシンを仕上げたい」

【レース2】
デイビスは10番、メランドリは7番グリッドについた。序盤はトラフィックに悩まされながらも奮闘、トップ5が狙える位置までポジションを上げた。昨日は首位を走行したデイビスだったが、この日は強風の影響もあって思うようにペースが上がらなかった。しかし、攻めの姿勢が功を奏して8周目に3番手に浮上すると、その後はポジションを死守して3位表彰台を獲得した。チームメイトのメランドリは、表彰台争いに加わった9周目のターン5でクラッシュ。幸いにもケガはなかったが、レース復帰は叶わなかった。第4戦終了時点のライダーズ・ランキングでは、111ポイントのデイビスが3位、97ポイントのメランドリが4位につけている。第5戦のイタリア・ラウンドは、5月12日〜14日にイモラ・サーキットで開催される。

Chaz Davies

■レース2のコメント
・チャズ・デイビス(Aruba.it Racing – Ducati スーパーバイク・チーム#7)– 3位
「追い上げを楽しむことができた。正直に言えば、追い上げは容易ではなかったし、タフなレースを強いられた。レース1やウォームアップでも理想的なフィーリングが得られなかった。フロントのグリップが足りず、最後の10周はまるで卵の殻の上を走っているようだった。セットアップなのか、それとも強風のせいか、原因を突き止める必要がある。クラッシュせずにポイントが獲れたことが収穫だ。かなり早い段階で、今日は3位より上は望めないことがわかった。可能なかぎり勝利を掴むことが目標であり、イモラでチャンスがあることを期待している。僕にとっても、ドゥカティにとっても特別なサーキットだからね」

・マルコ・メランドリ(Aruba.it Racing – Ducati スーパーバイク・チーム#33)– リタイア
「今日はとにかく風が強くて、厳しいコンディションだった。おかげで6周目のターン11でミスをした。そしてポジションを4つも落とした。その後は良い感じで順位を回復できた。マシンがかなりフラつく傾向はあったものの、戦闘力はレース1より上だったので、ファン・デル・マーク(マイケル、ヤマハ)とやり合えるはずだった。残念ながら、アッセンではいつも同じようなトラブルを抱える。もしかしたら僕が他のライダーより軽いからかもしれない。アッセン特有の路面では、リア荷重が重要だ。次はイモラだ。得意なサーキットなので、抱えている問題を解決して2レースともに結果を残したい」
・テファノ・チェッコーニ(Aruba S.p.A CEO兼チーム代表)
「厳しい週末だった。ポテンシャルにふさわしいリザルトが得られなかった。これをひとつの糧として、次戦のホームラウンドに備えたい。地元ということでモチベーションが上がっている。イタリアの大勢のファンが満足できるレースを見せたい」

Chaz Davies

(バイクブロス・マガジンズ編集部)

Twitterで@BikeBrosMagazinをフォローしよう!

みんなと話題を共有しよう