バイク・オートバイ・モーターサイクル、原付&二輪車のあらゆる情報を発信するニュースサイトです。 | バイクニュース

このページの一番上へ

サイトのトップページへ

このページの一番下へ

イベント情報

ブランドボイス

編集部コラム

バイクブロス通販ブログ

【ホンダ】ロードスポーツモデル「CB650F」のデザインを変更し4/14に発売

掲載日: 2017年04月13日(木) 更新日: 2017年04月13日(木)

リリース = 本田技研工業株式会社

ホンダが、2017年モデルとして「CB650F」を2017年4月14日(金)に発売する。ラジエターシュラウドのデザインの変更やマフラー内部構造の変更など吸排気を見直すことで、パワー出力向上がなされている。また、ハンドルにフラットな形状のバーハンドルタイプを採用することで、従来のモデルよりスポーティなライディングポジションとなった。カラーバリエーションは、ヴィクトリーレッドとソードシルバーメタリックの2色が設定されている。

 以下リリースより
2017年4月13日

ロードスポーツモデル「CB650F」のスタイリングを刷新し走りを熟成させ発売

Hondaは、低回転域から高回転域まで力強い出力特性の直列4気筒エンジンと扱いやすい車体サイズで好評を得ているロードスポーツモデル「CB650F」を、より先鋭的でスポーティーなスタイリングに刷新するとともに、吸気・排気のトータルエアマネジメントを徹底的に追求し、出力を向上させるなど、力強い走りをさらに熟成させて4月14日(金)に発売します。

650cc・DOHC・直列4気筒エンジンの動力性能をさらに引き出すため、より多くのエアを導入する吸気流路を新設し、エアファンネルの短縮化やマフラーの内部構造を3室から2室に変更することで、最高出力を5kw(7馬力)向上。これにより、低・中回転域のトルク特性の向上と、高回転域の伸びを両立。加えて、トランスミッションの2速から5速の変速比をローレシオ化することで、力強い加速フィーリングを実現しました。

また、フロントサスペンションには、新たに減衰力特性に優れたショーワ製「デュアル ベンディング バルブ」を装着することで、しなやかで路面追従性に優れた上質な乗り心地を実現しています。リアには従来同様、路面状況やユーザーのライディングに合わせて調整可能な7段階プリロードアジャスターを採用。ブレーキにはフロント、リアともに放熱効果に優れたウェーブディスクを装着し、フロントに320mm大型ダブルディスクと2ポットキャリパー、リアに240mmディスクと1ポットキャリパーを組み合わせています。さらに、前・後輪のロックを回避するABS(アンチロック・ブレーキ・システム)も標準装備しています。

CB650F

シャープで先進的な印象を与える高輝度LEDヘッドライトを新たに採用するとともに、シュラウドのデザインを変更し、走行時に吸気ダクトへ積極的に空気を導く形状としています。また、ハンドルは従来よりフラットな形状のバーハンドルタイプを採用することで、低く構えたライディングポジションとしています。カラーバリエーションはヴィクトリーレッド、ソードシルバーメタリックの全2色を設定。シュラウドの色は車体色に対して、ヴィクトリーレッドはシルバー、ソードシルバーメタリックはブラックのツートーンカラーとし、シュラウドおよびフューエルタンク、シートカウル、フロントフェンダー、ホイールリムに躍動感あるグラフィックのストライプを施すなど、スポーティー感と力強さを強調。シリンダーヘッドカバーとクランクケースカバーをブロンズ色とすることで高級感を演出しています。


ヴィクトリーレッド


ソードシルバーメタリック

■販売計画台数(国内・年間)/合計200台
■メーカー希望小売価格(税8%込み)
ヴィクトリーレッド 923,400円
ソードシルバーメタリック 923,400円

* 価格(リサイクル費用を含む)には保険料・税金(消費税を除く)・登録などに伴う諸費用は含まれておりません


[ お問い合わせ ]

本田技研工業株式会社
お客様相談センター
TEL/0120-086819

(バイクブロス・マガジンズ編集部)

Twitterで@BikeBrosMagazinをフォローしよう!

みんなと話題を共有しよう