バイク・オートバイ・モーターサイクル、原付&二輪車のあらゆる情報を発信するニュースサイトです。 | バイクニュース

このページの一番上へ

サイトのトップページへ

このページの一番下へ

車両情報

イベント情報

バイクブロス通販ブログ

ブランドボイス

【ホンダ】新型アドベンチャーモデル「X-ADV(エックス エーディーブイ)が4/14新発売

掲載日: 2017年04月13日(木) 更新日: 2017年04月13日(木)

リリース = 本田技研工業株式会社

ホンダから、新型アドベンチャーモデル「X-ADV(エックス エーディーブイ)」が2017年4月14日(金)に発売される。変速制御やデュアル・クラッチ・トランスミッション(DCT)に専用セッティングを施すことで、郊外のワインディングやアップダウンでの「スポーティな走り」と、通勤時など市街地での「エッジの効いた走り」の両方が楽しめるモデルだ。カラーは、デジタルシルバーメタリックとヴィクトリーレッドの2色がラインナップされている。

X-ADV(ヴィクトリーレッド)

 以下リリースより
2017年4月13日

新型アドベンチャーモデル「X-ADV」を発売

Hondaは、アドベンチャーモデルの新たな提案として、低回転域から高回転域まで扱いやすい、水冷・4ストローク・OHC・4バルブ直列2気筒745ccエンジンに、定評のデュアル・クラッチ・トランスミッション(DCT)を組み合わせ、アドベンチャーモデルの力強さとコミューターモデルの利便性を高次元で融合させた「X-ADV(エックス エーディーブイ)」を、4月14日(金)に発売します。

X-ADVは、「GO EVERYWHERE with EXCITEMENT〜アクティブな心躍る気持ちで、どこへでも行ける〜」をコンセプトに「平日は都会をスマートに移動し、休日は日常を離れて冒険へといざなう“アドベンチャースピリット”を持つモーターサイクル」としてお客様に遊び心あふれるモーターサイクルライフを提供することを目指し開発しました。

スタイリングは、前後方向に短く塊感のあるボディーとサスペンション長の長いアップライトなシルエットでアドベンチャーテイストを強調。さらに、フロントからリアまで、エッジの効いた統一感のあるキャラクターラインで構成されたボディーにより、プレミアム感と上質感を融合させるとともに力強くスタイリッシュで新鮮な外観を実現しました。
パワーユニットには、水冷・4ストローク・OHC・4バルブ直列2気筒745ccエンジンにオートマチックトランスミッションの操作性とマニュアルトランスミッションの優れた伝達効率を高次元で融合したDCTに専用セッティングを施し組み合わせました。アップダウンやコーナーの多い郊外のワインディングでは、低いギアを選択する領域を拡大した変速制御をDモード・Sモードに採用し、スポーティーなライディングフィールを実現するとともに、タイヤサイズやドライブチェーン駆動部位の最適化を図り、市街地での機敏な走行も可能としました。
電装は、全ての灯火器にLEDを採用し先進性を演出。ツーリングでの利便性を高める別体型ETC車載器やスポーツグリップヒーターを標準装備しました。

X-ADV(デジタルシルバーメタリック)

■販売計画台数(国内・年間)/400台
■メーカー希望小売価格(税8%込み)
デジタルシルバーメタリック 1,209,600円
ヴィクトリーレッド 1,242,000円

*価格(リサイクル費用を含む)には保険料・税金(消費税を除く)・登録などに伴う諸費用は含まれておりません

【主な特長】
■エンジン/DCT
・低・中回転域で力強いトルク特性の水冷・4ストローク・OHC・直列2気筒745ccエンジンに、オートマチックトランスミッションの簡単な操作性とマニュアルトランスミッションの優れた伝達効率を高次元で融合させた定評のあるDCTを標準装備。
・登降坂検出制御を採用し、運転状況から登降坂路を推定して変速タイミングを切り替えることにより、必要な駆動力と、エンジンブレーキ力を確保するなど最適なシフトスケジュールを実現。
・シフトスケジュールは、Dモード、Sモードにおいて、低いギアを選択する領域を拡大した専用セッティングを採用。市街地での機敏な走りから郊外のワインディングにおけるスポーティーな走りまで、DCTの特長を活かした走りを体感できます。
・ダイレクトな駆動力を体感できるチェーンドライブ方式を採用し、DCTのセッティングと合わせて、軽快な走行に寄与しています。
■足回り
・フロントには、サスペンションの動き始めの作動性に優れ、剛性感のあるインナーチューブ径41mmの倒立フォークを採用。スタイリングにおいてフロント周りのタフな印象に寄与。
・リアには、スイングアームのクロス部を中空、アーム部をコの字断面とした軽量の新設計アルミスイングアームと作動性に優れたプロリンクサスペンションを採用。
・ライダーの好みの乗り心地に調整可能な、減衰力調整機能(※1)をフロントサスペンションに採用。また、前後サスペンションには、乗員数や積載量の変化による車両姿勢が調整可能なプリロード調整機能を装備。
・フロントブレーキには、制動フィーリングに優れたラジアルマウント4ポットブレーキキャリパーとダブルディスクを装備。
・ABSを標準装備。
・前後ホイールにチューブレスタイプのステンレス製スポークと軽量なアルミリムを採用。
・郊外の荒れた舗装路からフラットダートまで軽快な走りを実現するため、フロントに17インチ、リアに15インチのブロックパターンタイヤを採用し、アドベンチャーテイストを演出。
・日々の空気圧チェックや空気充填時に便利なL字タイヤバルブを前後ホイールに採用。
※1 調整は伸び側のみ
■電装
・印象的なデュアルヘッドライト、テールランプ、ウインカーなど、すべての灯火器に高輝度のLEDを採用し、先進的でスタイリッシュな印象を強調。
・Hondaスマートキーシステムを採用し、操作性の向上と、盗難防止機構としてメインスイッチノブクラッチを採用し無理な力でのハンドルロック解除を防ぎ、さらに盗難抑止効果の高いイモビライザー機構を標準装備。
・ウインドスクリーン後部に配置したスピードメーターは、限られた表示スペースにより多くの情報を表示させるためスクエア形状を採用。インジケーターはハンドル中央部に備える別体式とすることで、ラリーレーサーを彷彿させるスピードメーター周りを実現。
・スマートキーには他の人によるメインスイッチの操作を防ぐスマート機能のON/OFFスイッチと、車両のウインカーが点滅して自車の位置を知らせるアンサーバックスイッチを装備。
・別体型ETCをラゲッジボックス内に標準装備。
・スポーツグリップヒーターを標準装備。
■車体
・小回りが効く39度のハンドル切れ角、市街地でもライダーが遠くまで見通せるアップライトなライディングポジションを採用し、高速域での安定感と市街地での取り回しの良さを両立。
・リアカウルの幅を450mmに抑えながら、21L容量(※2)の大容量ラゲッジボックスを採用。乗車時のパッセンジャーの快適性を確保しながら、フルフェイスヘルメット(※3)1個の収納を実現。ボックス内にはLEDラゲッジライトとアクセサリーソケットを標準装備し、利便性を追求。
・ウインドスクリーンの高さと角度を手動(工具は不要)で5段階に調整可能なリンク機構を採用。
・アドベンチャーテイストを引き立てる、アルミテーパーハンドルと樹脂製ナックルガード、エンジン下部を保護するスキッドプレートを標準装備。
※2 Honda調べ
※3 ヘルメット形状、大きさによっては入らない場合があります
■カラーリング
・力強くスタイリッシュなボディーデザインを強調するデジタルシルバーメタリックと、アドベンチャーモデルのトップエンドモデルであるCRF1000L AfricaTwinを彷彿させる白いストライプが映えるヴィクトリーレッドの2色を設定。


[ お問い合わせ ]

本田技研工業株式会社
お客様相談センター
TEL/0120-086819

(バイクブロス・マガジンズ編集部)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで@BikeBrosMagazinをフォローしよう!

みんなと話題を共有しよう